検索するキーワードを入力

NFTステーキングとは

メインイメージ

最近NFT市場の勢いの強さが誰もが耳にしたことがあると思います。
NFTはコレクションの収集方法を大きく変え、今ではNFTを中心としたプラットフォームが構築されており、NFTの中には「CryptoPunks」のカタログのように高額な値段がついているものもあります。

最初のNFTである「Quantum」が100万ドル以上で落札されて以来、NFT市場は熱を帯びてきました。

NFTにはさまざまな形、大きさ、色でプラットフォームに登場しますが最も人気なジャンルの1つとしてオンラインゲーム上のデジタル資産があります。
例えばカードゲームにおいてはレアなカードを集めてゲーム内のブロックチェーンで売却し、暗号資産を得ることができますし、「MIR4」のようなアドベンチャーゲームではゲーム内のアイテムを集めてNFTとして生成し、自由に取引することができます。

 

NFTステーキングの仕組みと規格

NFTのステーキングは所有権を維持した状態でより多くの収入を得ることが可能です。
これらの技術はまだまだ初期段階の新しい仕組みですが有望な基盤を持ち、さまざまな結果を出しています。

仕組みとしては自身の保有するNFTをブロックチェーン、もしくはステーキングをサポートするプラットフォームに預け、利息を得るというものです。

例えば銀行口座では利息を得るために口座に一定金額の預金をする必要がありますが、NFTの場合はNFTを対応するプラットフォームに預けると利息がつくというイメージです。

また、NFTには2つのメジャーな規格が存在しますので簡単に紹介します。

ERC-721
ERC-721はNFTにおいて最も目に触れる機会が多い規格です。
発行するトークンにtokenIdという一意の値を設定することで代替不可能性を保証しています。
他にもオプションでさまざまな情報を格納することも可能です。

ERC-1155
NFTをトークン化するスマートコントラクトにはERC-1155という規格もあります。
この規格では1つのトランザクションで複数の相手にトークンを送ることが可能です。
大量のトークンを転送するなどの用途の場合においてERC-721と比べてガス代が安くなる傾向にあります。

 

NFTステーキングの目的

NFTにステーキングする目的は多々ありますが、最も一般的なのは利息を得ることです。
ステーキングされたNFTは基本的にそのブロックチェーン専用のものになり、そのブロックチェーンで生成されたトークンを獲得することになります。

例えばP2Eゲームである「CryptoBlades」をプレイしていてレアアイテムを拾い、これをステーキングをすることにした場合、「CryptoBlades」のブロックチェーンはそのアイテムをロックし、ゲームのネイティブ通貨であるSKILLトークンを支払うことになります。

このアイデアの狙いは希少なアイテムの一部を流通させないことで、開発者が同様のものを作成できるようにし、より多くのプレイヤーを呼び込むことで、多くの収益を得ることでしょう。
とはいえ、一部のプラットフォームでは、NFTをステークすると同時にゲーム内で使用することもできます。

 

NFTステーキングのプラットフォーム

ここではNFTステーキングをサポートする代表的なブロックチェーンを紹介します。
一度は耳にしたことがあったり、ゲームをプレイしたことがあるかもしれません。

Onessus
「Onessus」は分散型のゲームプラットフォームです。
製品タイトルの一つである「HodlGod」では「Immortal Gearセット」を得るためにコミュニティがレースを行っています。

また、OnessusにはNFTのステークに特化した「WhenStaking」という別のソリューションもあります。Onessusのゲームで獲得したNFTをここで保存し、ネイティブ通貨であるVOIDトークンを獲得することができます。

KIRA
Web3 Foundationをベースに構築されたKiraネットワークはDappsを接続し、異なるプラットフォーム間の相互運用性を提供します。

KEXトークンを獲得するためにたくさんの種類のNFTを賭けることができ、KEX保有者はKiraのネイティブNFTを獲得するためにトークンを賭けることができます。

また、Kiraは保有するNFTをより小さなパーツに分割し、それを個々のNFTとしてトークン化することもできます。

Splinterlands
「Splinterlands」は暗号化トレーディングカードゲームで、新しいNFTの賭け方の選択肢があれば、もっと注目されるのではないかと考えています。

ゲーム内で集めたカードはそれぞれNFTであり、自分が持っているカードをライブラリに賭けて、他のプレイヤーが借りて遊べるようにすることができます。

このゲームは120以上のタイトルで遊べるHiveブロックチェーンで動いています。

 

まとめ

今回はNFTステーキングの目的や仕組みを解説しました。
NFTステーキングはNFTを保有することの1つの価値を生み出したことがわかったと思います。しかし同時にたくさんの課題もあります。
例えば多くのNFTのオーナーにとって、自分の資産を預ける理由はまだ多くありません。
なぜならリターンが低く売ったほうが利益になることが多いからです。

NFTステーキングが持っているさまざまな問題がどう解決されていくのか、どのように進化していくか今後に注目していきましょう。

執筆者

Liquid編集部

Liquidに関する様々な情報をお知らせします。

関連記事

ポルカドットとは?パラチェーンについても解説
BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?特徴・過去のチャートなど
RSIとは | Liquidのチャートでテクニカル指標を利用する
Liquid by Quoine公式ブログ