<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://q.quora.com/_/ad/f36e97ab990e4ac69c2734d14b05a7cc/pixel?tag=ViewContent&amp;noscript=1">

検索するキーワードを入力

Atomic Swapのコンセプト

メインイメージ

ここ数年、暗号通貨とブロックチェーンテクノロジーの最新情報をフォローしている方なら、Atomic Swap という単語を少なくとも一度は聞いたことがあるかもしれません。

Atomic Swapのコンセプトが何であるかを理解するのは難しいかもしれませんが、Atomic Swapに関連する必要な詳細をお伝えしたいと思います。

Atomic Swapについてより良く理解することで、暗号通貨トークン、取引、トランザクションにおける仲介者の影響を減らすことができるでしょう。

例えば既存のビットコインへの投資をライトコインに変換したいとします。

その場合、取引所はあなたからビットコインを受け取り、それに相当する額のライトコインを提供します。

ただし、一部の取引所が請求する多額の手数料を鑑みると、トークンを交換すること自体がエンドユーザーにとっては非効率であると認識されることがよくあります。

まさにこれがAtomic Swapのコンセプトが変えようとするところです。

 

Atomic Swapとは何か?

Atomic Swapとは、異なるブロックチェーンネットワーク上の2つの暗号通貨トークン間でP2P交換を可能にするテクノロジーを指します。

最も重要なことは、Atomic Swapは、トランザクションを処理または検証するために、一元化された交換所を必要としないことです。

代わりに、スマートブロックチェーンコントラクトを使用して、プログラムされたとおりに通貨スワップが行われるようにします。

Atomic Swapでは、トランザクションは改ざん不能な精度で行われ、プロセスはスマートコントラクトのコードから逸脱することはありません。

仲介者が関与しないため、ユーザーはサードパーティーから請求される高額な料金について心配する必要はありません。

プロセスにおいて中央集権化されたエンティティを含めないため、Atomic Swapは驚くほど大量の暗号通貨トークンを処理できます。

 

Atomic Swap:その仕組みとは?

ここでは、技術的な詳細を列挙することはいたしませんが、トランザクションの透明性を確保するAtomicSwapの2つの要素についてを知っていただきたいと思います。

何よりも重要なのは、中央集権的な監督者がAtomic Swapを監視しないことです。

そのため、スマートコントラクトによってトランザクションの計画通りの遂行を確保します。

HashLockとTimeLock

Hashlockキーは、トランザクションに時間制限を設けます。

つまり、トランザクションの受信者は、特定の時間枠内に、暗号化されたProofを用いて支払いを確認する必要があります。
(それ以外の場合、トランザクションはキャンセルされます。)

一方、TimeLockキーは、指定された未来の日時またはブロックの高さに到達するまで暗号通貨の転送を制限します。

これらの2つの関数により、Atomic Swapが成功または無効であることを確認します。

まとめると、Atomic Swapは、受信者がトークンを受け取っていないのに暗号通貨が送信者から送信される状況を排除します。

興味深いことに、これらの要素は両方とも時計仕掛けのように機能します。

 

まとめ

Atomic Swapの大きな利点について簡単にではありますが説明しました。

要約すると、Atomic Swapは、暗号通貨トランザクションの信頼性を大幅に向上させると共に、ユーザーのプライバシーとセキュリティを強化します。

Atomic Swapが完璧である、または問題がないという意味ではありません。

Atomic Swapの背後にある技術はまだ初期段階にあり、実用段階に進むことはまだできず、一般的な普及を達成するには、暗号通貨の分野が大幅に成長を遂げる必要があります。

さらに、Atomic Swapの使用を開始するには、高度な技術知識とリソースが必要になります。

しかしながら、上記の制限によって、Atomic Swapの革命性が低下するわけではありません。

考えてみれば、ブロックチェーン技術と暗号通貨は、その歴史の始まりにおいて同じ問題を抱えていました。

過去10年間の暗号技術の道のりを考えれば、Atomic Swapはそれを迅速に行うことができると私たちは信じています。

このP2P技術が主流となれば、暗号通貨トランザクションの見方は再構築されることになるでしょう。

端的に言えば、Atomic Swapは、真の分散化に向けた次の大きな一歩です。

【免責事項・注意事項】

  • 本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった暗号資産を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
  • 本ウェブサイトにおいて正確な情報を提供するよう努めておりますが、その正確性について保証するものではありません。
  • 本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。
  • 当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

執筆者

Liquid編集部

Liquidに関する様々な情報をお知らせします。

関連記事

イールドファーミングの解説
暗号資産のウォレットとは?基本的なことを知っておこう(ビットコインの場合)
2021年から過去4年のビットコイン価格を振り返り、これまでのマーケットの歴史を理解する
Liquid by Quoine公式ブログ