<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://q.quora.com/_/ad/f36e97ab990e4ac69c2734d14b05a7cc/pixel?tag=ViewContent&amp;noscript=1">

検索するキーワードを入力

暗号資産にかかる税金と確定申告について

メインイメージ

ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)取引により生じる利益については、確定申告が必要となる場合があります。

確定申告を行うにあたってはご自身で損益計算を行わなくてはなりません。

しかし、暗号資産の損益計算が複雑でわかりにくい、そもそも自分が確定申告をすべきなのかわからないといった方も多くいらっしゃると思います。

そういった方のために暗号資産の損益計算ツールを提供する株式会社クリプタクトの斎藤様に暗号資産取引にかかる税金の仕組みや損益計算方法、そして実際の確定申告書類の作成方法まで解説いただきました。

ぜひお役立てください。

 

「想像より簡単!?仮想通貨取引にかかる税金を解説」(全4回)
※2020年2月に公開した記事に新たな情報を追記・編集したものになります。

その他の暗号資産の税金に関する記事はこちら

 

【免責事項・注意事項】

  • 本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった暗号資産を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
  • 本ウェブサイトにおいて正確な情報を提供するよう努めておりますが、その正確性について保証するものではありません。
  • 本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。
  • 当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

執筆者

Liquid編集部

Liquidに関する様々な情報をお知らせします。

関連記事

イールドファーミングの解説
暗号資産のウォレットとは?基本的なことを知っておこう(ビットコインの場合)
2021年から過去4年のビットコイン価格を振り返り、これまでのマーケットの歴史を理解する
Liquid by Quoine公式ブログ