<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://q.quora.com/_/ad/27baf1f26c3e4ccba2fbb2377a52976f/pixel?tag=ViewContent&amp;noscript=1">

検索するキーワードを入力

イールドファーミングの解説

メインイメージ

※このブログ記事はこちらの記事を日本語に翻訳・再構成したものです。

暗号資産ポートフォリオを拡大するための方法を求めてイールドファーミングの概念に出会った方もいらっしゃるに違いありません。

特定の暗号通貨に投資しており、高い利回りを求めている方にとってはイールドファーミングは良い選択肢となるかもしれません。

ただし、トレンドに乗る前にイールドファーミングがどのように機能するかを理解することが大切です。

本記事においてLiquid by Quoineがイールドファーミングの詳細なガイドをお届けします。

知っておくべき重要な事柄に加えてイールドファーミングを始める方法についてもご説明します。

 

イールドファーミングとは何か?

イールドファーミングは分散型金融(DeFi)におけるプロセスであり、ユーザーは、「信用」部分を処理するスマートコントラクトによって設計および制御される流動性プールにトークンをロックすることで報酬を獲得できます。

その他のユーザーは貸付、借入、ステーキングなどを通じてこれらの流動性プールに追加された暗号通貨を利用できます。

最終的にイールドファーミングは双方に利益をもたらすことができます。

証拠金取引のためにトークンを借りたい人にとって流動性プールは有用なソースかもしれません。

ウォレットに暗号トークンが眠っている場合イールドファーミングは受動的な収入の可能性を開きます。

ただし、イールドファーミングから得られる報酬の額は正確には計算できません。

 

イールドファーミングはどのように機能するか?

イールドファーミングに関する多くのステップを検討する前にさまざまな関係者を理解する必要があります。

まずはスマートコントラクトに暗号通貨を預けるユーザーです。
このユーザーは流動性プロバイダと呼ばれスマートコントラクトは流動性プールと呼ばれます。

プロトコルによりスマートコントラクトのルールを設計し同じルールによってイールドファーミングから受け取れる収益の量が決定されます。

その他のユーザーは証拠金取引のためのトークンのソースとして流動性プールを使用できます。

最終的にはすべてがスマートコントラクトを介して制御されます。

 

イールドファーミングを始めるには

流動性プロバイダとしてイールドファーミングのスマートコントラクトに必要な金額の資金を預け入れます。

ほとんどの場合はこれらの資金は米ドル(USD)に対して固定されたステーブルコインとなります。

選択肢にはUSDT、USDCやDAIがあります。これらの資金はスマートコントラクトによってロックされておりスマートコントラクトの制限とイールドファーミングプラットフォームに従って利用可能となります。

投資額に基づきイールドファーミングプロジェクトは利回りを提供します。

イールドファーミングプロジェクトからの収益はすでに預け入れた暗号通貨で支払われます。ただし場合によってはまだ公開市場に上場されていないトークンがユーザーに提供されます。

イールドファーミングを始める際にはサステイナブルな利回りと堅牢なバックエンドを備えた評判の高いイールドファーミングプロジェクトを選択することである程度の安定性を確保できるかもしれません。

しかしながら流動性プロバイダはさまざまなイールドファーミングのパターンを自由に作成できます。

イールドファーミングプロジェクトからの報酬を別のスマートコントラクトなどに投資することもできます。

流動性プロバイダが保有する暗号通貨資産ポートフォリオの多様化に役立ちます。

イールドファーミングからの報酬をどれだけ早く再販売できるかに応じて高利回りを生み出すことができます。

適切な戦略を採用することでイールドファーミングからの利益を最大化することが可能です。

投資した暗号通貨で報酬を受け取ったとしても、より高い利回りを得る可能性もあります。

 

イールドファーミングのリスク

イールドファーミングの一般的なリスクのいくつかを以下に示します。

スマートコントラクトのバグは、プロジェクトから受け取る報酬の安定性に影響を与える可能性があります。

場合によってはスマートコントラクトの問題によって報酬の計算式が変わることがあります。

イールドファーミングプロジェクトが正しく監査されておらず、バグがあったりパッチが適用されていなかったりする場合、資金が失われる可能性があります。

DeFi環境においてはスマートコントラクトを含めすべてネットで接続されています。これはネットワークの遅延や検証の問題など、1つのブロックチェーンネットワークの問題が投資と収益に影響を与える可能性があることを意味します。

 

まとめ

このようにイールドファーミングは完全にリスクがないわけではありません。
また、魔法のような利回りをもたらすプロセスではありません。

市場を分析して投資する方法を熟知していればイールドファーミングは利益をもたらす可能性があります。

これらすべての要素を考慮することで暗号資産ポートフォリオの拡大も可能でしょう。


【免責事項・注意事項】

  • 本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった暗号資産を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
  • 本ウェブサイトにおいて正確な情報を提供するよう努めておりますが、その正確性について保証するものではありません。
  • 本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。
  • 当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

執筆者

Liquid編集部

関連記事

イールドファーミングの解説
暗号資産のウォレットとは?基本的なことを知っておこう(ビットコインの場合)
2021年から過去4年のビットコイン価格を振り返り、これまでのマーケットの歴史を理解する
Liquid by Quoine公式ブログ