Liquid社員紹介 vol.7

カテゴリ ブログ

Liquid by Quoineを運営するQUOINE株式会社で働く社員をご紹介していく本シリーズですが、今回はLiquidグループのグローバル向けサービスに従事するベトナムオフィス勤務の社員にインタビューを行いました。

 

【コンテンツマーケティング部門】

Executive, in Marketing

Tammy Ha(タミー・ハ)

2014年ナザレスカレッジロチェスター校卒業。

ホーチミンでオフショア人材派遣会社のビジネス開発マネージャー、ロンドンでレポーティングアナリスト、ニューヨークのダイヤモンド卸会社での営業担当。201710にQUOINE入社。

 

LiquidQuoine)に入社した理由は?

実は2017年の暗号資産の波ピーク時に偶然Liquidに入社したのです。

きっかけは私の友人がベトナムのビーチへのLiquid社員旅行に誘ってくれたことでした。

軽い気持ちでついて行きましたが、当時まだ少人数だったLiquidチームの人たちととても楽しい時間を過ごしました。

旅行中最も衝撃的だったことは、みんなが会社や社風のこと、上司にいかに感謝しているかをとても熱心に語ることでした。

こんなに仕事が働く人のアイデンティティの一部となるポジティブな仕事文化は見たことがありませんでした。

一日中泳いでシーフードを食べて過ごしても、宿に戻ればみんなラップトップで自主的に仕事をするのです。

当時私は別の会社で働いていて、友人の熱心な説得にも関わらずLiquidへの入社は考えていませんでした。でも旅行の後にはこのすばらしい仕事文化に感銘を受け、マーケティングチームの面接を受けたのです。

 

QUOINEでの仕事内容は?

入社した当初、マーケティングチームは3人しかいませんでした。

私たちの仕事の多くは、コミュニティ管理のパワーを活用し、プラットフォームをプロモートするためのコンテンツマーケティングに関連するものでした。

私はCRMプラットフォームの経験があったので、チームが成長するにつれて自然とeメールマーケティングを担当するようになり、かなり力を入れて取り組んできました。

私たちは今日に至るまで、仮想通貨業界で最も優秀な人材を雇うことができました。私がチームから学んだことはたくさんあり、チームはいつも私の仕事を支えてくれています。

ある時期には「Tammyのコーナー」を設けて週次アップデートを行い、Liquidの社員紹介をしていたこともあります。

 

暗号資産・ブロックチェーンサービス領域での関心分野は?

ブロックチェーン領域で最も興味をそそられるのは暗号資産です。

ブロックチェーンはもっと多くの応用方法がありますが、暗号資産の発明は私自身の資産管理のやり方に大きな影響をもたらしました。突然、私や周囲の人々に、わかりやすい新たな投資方法が現れたのです。

これはこの領域を初めて知る人に対して暗号資産取引を始めることを勧めるものではありません。単に私自身の個人的な経験です。

暗号資産に投資しようと思えば、自分で適切な注意を払うことが必要となります。でも暗号資産についてもっと知りたい人には、Liquidのブログ を読むことをお勧めします。

あらゆるレベルのトレーダー向けに分類された、非常にわかりやすい教育資材が揃っています。

 

毎朝の出勤の楽しみは?

同僚に会うことですね。

私のチームには業界の黎明期からこの領域で働いてきた人たちがいます。この人たちのそばで一緒に働けるのは喜びであり、名誉でもあります。

彼らは親切に手を差し伸べてくれとてもおもしろく、私が知る中でもかなり頭の良い人たちです。

 

趣味はありますか?

読書や物を書くこと、旅行、ダンス、笑うこと、人間観察、人の心を読むこと、子犬をなでること(特にサモエド)、インスタグラムを見ること、美味しいものを食べることです。

Liquid by Quoine employee

 

この業界に入りたい人へのアドバイスは?

この業界に入りたいというあなたの意図が何であれ(暗号資産の所持、売買取引、観察等。フィッシングはダメ)、Liquidのブログ を読めばあなたがやりたいと思うことに必要なことがわかるかもしれません。

 

Liquidグループ採用ページ

投稿者

Liquid編集部