AML(アンチマネーロンダリング)とは

カテゴリ glossary

アンチマネーロンダリングとは、マネーロンダリング(資金洗浄)を防止するための方法をさします。「Anti-Money Laundering」を略してAMLと表示されることもあります。

 

反社会的勢力や犯罪者集団、テロ組織などが、犯罪行為などを経て不正に取得したお金について、どこから入手したかという出所を隠しあたかも正当に取得したお金であると見せかけることをマネーロンダリングと言います。

 

仮想通貨/暗号資産は円やドルといった法定通貨とは違って、取引時に個人情報を明示する必要がなく、送金先のウォレットアドレスと秘密鍵があれば送金できてしまいます。

 

この高い匿名性がマネーロンダリングに利用されるリスクを引き上げているとされています。

 

しかし、マネーロンダリングを防止するための要素は仮想通貨/暗号資産の取引システムにある程度備わっているという考えもあります。

 

ウォレット開設後、トランザクション(取引)によって仮想通貨/暗号資産が送金される際には、ウォレットと呼ばれる法定通貨でいうところの銀行口座に保管されます。

 

このウォレットを新規開設する際には、パスポートや運転免許証など公的な身分証明書、本人の顔写真などの提示を義務付けている仮想通貨/暗号資産の取引所がほとんどです。

 

各ウォレットはその所有者だけがIDとパスワードでアクセス可能であり、送金を受ける時にはウォレットアドレスを送金者に伝えます。

 

個人名を伝えるわけではないため、一見匿名で行われているようにみえますが、実際にウォレットを通してトランザクションを行った利用者は調べれば特定できるのです。

 

ウォレット開設時に適切な本人確認手続きを行っていない仮想通貨/暗号資産取引所も存在しているため、仮想通貨/暗号資産市場全体で完全に対応できているとは言えませんが、マネーロンダリングを防止するための有効なシステムのひとつではあります。

 

また、ブロックチェーンという仮想通貨/暗号資産独自のシステムもアンチマネーロンダリングの方法として生かされると考えられています。

 

ブロックチェーンは仮想通貨/暗号資産のユーザー全員が閲覧できるいわば台帳のようなものです。

 

すべてのトランザクションの履歴データが記録されたブロックが鎖のようにつながっていることからブロックチェーンと呼びます。

 

ひとつのトランザクション、つまり送金依頼が出されると、マイナー(採掘者)が高性能のコンピューターで不正な要素がないかを検証します。そして正当なトランザクションだと確認できてはじめて送金が行われるというしくみになっています。

 

トランザクションの履歴データが延々とつながっているブロックチェーンの一部を偽造することはまず不可能ですから、むしろ法定通貨よりもマネーロンダリングを防止しやすいと言えるのです。

 

マネーロンダリングを防止することは、その仮想通貨/暗号資産の市場での信頼性を高めることにつながります。そのため今後もアンチマネーロンダリングのシステム強化が進められるとみられています。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

 

また、仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)