アンチマネーロンダリングとは

カテゴリ glossary

アンチマネーロンダリングとは、マネーロンダリングを防止するための方法をさします。「Anti-Money Laundering」を略してAMLと表示されることもあります。

 

反社会的勢力や犯罪者集団、テロ組織などが、犯罪行為などを経て不正に取得したお金について、どこから入手したかという出所を隠しあたかも正当に取得したお金であると見せかけることをマネーロンダリングと言います。

 

仮想通貨は円やドルといった法定通貨とは違って、取引時に個人情報を明示する必要がなく、送金先のウォレットアドレスと秘密鍵があれば送金できてしまいます。

この高い匿名性がマネーロンダリングに利用されるリスクを引き上げているとされています。

しかし、マネーロンダリングを防止するための要素は仮想通貨の取引システムにある程度備わっているという考えもあります。

 

ウォレット開設後、トランザクション(取引)によって仮想通貨が送金される際には、ウォレットと呼ばれる法定通貨でいうところの銀行口座に保管されます。

このウォレットを新規開設する際には、パスポートや運転免許証など公的な身分証明書、本人の顔写真などの提示を義務付けている仮想通貨の取引所がほとんどです。

 

各ウォレットはその所有者だけがIDとパスワードでアクセス可能であり、送金を受ける時にはウォレットアドレスを送金者に伝えます。

個人名を伝えるわけではないため、一見匿名で行われているようにみえますが、実際にウォレットを通してトランザクションを行った利用者は調べれば特定できるのです。

 

ウォレット開設時に適切な本人確認手続きを行っていない仮想通貨取引所も存在しているため、仮想通貨市場全体で完全に対応できているとは言えませんが、マネーロンダリングを防止するための有効なシステムのひとつではあります。

 

また、ブロックチェーンという仮想通貨独自のシステムもアンチマネーロンダリングの方法として生かされると考えられています。

 

ブロックチェーンは仮想通貨のユーザー全員が閲覧できるいわば台帳のようなものです。

すべてのトランザクションの履歴データが記録されたブロックが鎖のようにつながっていることからブロックチェーンと呼びます。

 

ひとつのトランザクション、つまり送金依頼が出されると、マイナー(採掘者)が高性能のコンピューターで不正な要素がないかを検証します。そして正当なトランザクションだと確認できてはじめて送金が行われるというしくみになっています。

トランザクションの履歴データが延々とつながっているブロックチェーンの一部を偽造することはまず不可能ですから、むしろ法定通貨よりもマネーロンダリングを防止しやすいと言えるのです。

 

マネーロンダリングを防止することは、その仮想通貨の市場での信頼性を高めることにつながります。そのため今後もアンチマネーロンダリングのシステム強化が進められるとみられています。

投稿者

Liquid編集部(基礎)