ASICとは

カテゴリ glossary

ASIC(Application Specific Integrated Circuit:アプリケーションスペシフィックインテグレイテッドサーキッド / エーシック)とは、特定の用途のために作られた集積回路(ICチップ)のことです。仮想通貨に関するASICは、主にマイニング用として開発されています。
 
ASICはさまざまな分野向けに最適化されて作られています。
例えば、ルーターやファイアウォールなどの通信機器にはよりスムーズに処理を行うためのASICが搭載されていますし、プロユースの高機能デジタルカメラには、高解像度の写真を高速で補正・圧縮するためのASICが搭載されています。
また、コピー機や複合機にも、きれいにすばやく印刷するためのASICが搭載されています。
 
仮想通貨の世界では、ASICはマイニング用に最適化された高性能パソコンに搭載されていることで知られています。
仮想通貨の黎明期におけるマイニングでは、ユーザーが少なかったこともあり、マイニング時の計算アルゴリズムも平易なものでした。
その当時のマイニングは、ユーザーが各々のパソコンを使ってマイニングを行う方法が一般的でしたが、ユーザー数が次第に増えていくにつれて計算アルゴリズムは複雑化し、一般的なパソコンを使ってのマイニングは困難になりました。
 
マイニングの難易度が上がったことで、アルゴリズムを処理する手法もCPUからGPUへと移り変わる動きがありました。そのうち汎用的なGPUでは処理しきれないくらいにマイニング難易度が上昇し、現在ではマイニング向けのASICが開発され、多くのメーカーが参入しています。特定の用途のために作られた集積回路であるASICは、GPUを凌ぐ、高い処理能力を持っています。
ASICと同様に特定の用途に特化した機能を持つことができる「FPGA」という種類の集積回路を使ったコンピューターでもマイニングが行われています。価格が安く開発も容易ですが、ASICと比べると性能の点では劣ってしまいます。
 
ASICの「S」には「Specific(特定の)」という意味があるとおり、ASICはある用途に特化して開発されています。ビットコインマイニング用のASICも同様で、それを使ってほかの仮想通貨をマイニングすることはできません。そのため、今のビットコインの仕様が変われば、ASICの仕様も変わってしまうため、仕様変更に反対するマイナーが多い状況です。

投稿者

Liquid編集部(基礎)