押し目買いとは

カテゴリ glossary

押し目買いとは、一度上昇した仮想通貨の価格が一時的に下落したタイミングで買い注文を入れることをさします。上から力を加えて押し下げるような値動きを「押し目」と言うことから、仮想通貨を買うのにいいタイミングをさす言葉として使われます。

 

仮想通貨の取引で利益を出すためには、仮想通貨の価格が安い時に買って、価格が高い時に売るというのが原則です。価格が安くなったタイミングを逃さないためには、常に押し目買いをする意識で値動きをチェックしておく必要があります。

 

どんな仮想通貨でも、毎日小さく価格が上下に変動しています。その変動を繰り返しながら少しずつ上昇していくことがあります。

上昇していく中で、一時的にぐっと価格が下がるポイントが必ずあって、これが買いのタイミングだと言われています。

 

価格が下がるタイミングを狙って仮想通貨を購入する、こうしたやり方は「上昇トレンドの押し目買い」といいます。押し目買いは、含み損を抱える期間が短いこと、そしてすぐ含み益に変わること、この2つのポイントがそろったタイミングで買う方法です。

 

この方法は、仮想通貨のチャートを見て押し目のタイミングを図るだけなので比較的分かりやすく、仮想通貨取引の初心者でも始めやすい取引です。また、初心者だけでなく仮想通貨取引に慣れている人でも活用できる方法で、仮想通貨の取引においては一般的な方法として知られています。

 

上昇トレンドの押し目買いを行う場合、押し目のタイミングをどれだけ正確にキャッチできるかが勝負です。押し目のタイミングかどうかを判断する材料としては、移動平均線やトレンドライン、その仮想通貨の過去の高値や安値といった指標があります。

 

もちろん、相場の値動きや仮想通貨そのものの評価は常に変化していますので、「これをチェックしておけば大丈夫」という絶対的な指標はありません。

判断材料とする指標を固定化せずに、いろいろな指標を参考にして総合的に状況を判断し、押し目を探すことが大切です。

投稿者

Liquid編集部(基礎)