ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは

カテゴリ glossary

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash:BCH)とは、2017年8月にビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

単位はBCHと表記され、大手マイナー(採掘者)が主導となって誕生しました。

総発行枚数は2,100万枚で、これはビットコインと同数となっています。

 

そもそもビットコインキャッシュが誕生した背景には、ビットコインが抱える深刻なスケーラビリティ問題がありました。

スケーラビリティ問題とは、ビットコインの取引が増加するとともにデータ処理が追い付かなくなってしまう問題のことです。

 

ビットコインキャッシュとビットコインの最大の違いは、ブロックチェーン上のひとつあたりのブロックサイズです。

ビットコインキャッシュはビットコインに比べて8倍ものデータをひとつのブロックに格納することができ、取引データであるトランザクションを処理する頻度が少なくなります。

トランザクションの処理頻度が少なくなればなるほど、ブロックチェーン上に流れるデータ量も少なくなり、送金遅延の解消や手数料の価格を抑えることにつながります。

 

さらに、ビットコインキャッシュには実用的なメリットも期待されています。

ブロックサイズが小さくなったことによって、決済にかかる時間や手数料を大幅に抑えることに成功しました。これは店舗における買い物や取引による決済にも対応しやすくなったということを意味します。

今後、ビットコインをはじめとした仮想通貨が一般的に流通するようになるためには必要不可欠な要素といえます。

 

一方で、セキュリティ面に関しての懸念はゼロではありません。

ビットコインキャッシュはビットコインに比べて保有者が少なく、マイナーの数もそれに比例しています。仮想通貨の信頼性はマイナーが多ければ多いほど増すため、セキュリティ面においてはビットコインに軍配が上がります。

しかしながら、ビットコインキャッシュは誕生して間もないコインです。

今後保有者が増え、セキュリティ面における懸念が払拭されていけば、今以上に普及が見込めるコインといえるでしょう。

投稿者

Liquid編集部(基礎)