ブロック とは

カテゴリ glossary

ブロックとは、ブロックチェーン上に記録された仮想通貨のトランザクション(取引)のデータの単位のことです。

1つのブロックにはそれぞれそのブロックが生成される前の取引情報が記録されています。

トランザクションの検証作業であるマイニング(採掘)の対象と言い換えることもできます。

 

仮想通貨の代表的存在であるビットコインの場合、そのトランザクションの情報はすべてのユーザーが確認できる仕組みになっています。

円やドルといった法定通貨の場合は中央銀行のような発行・管理元がありますが、ビットコイン市場ではP2P方式とよばれるネットワークを使ってユーザー全員で管理します。

 

トランザクションが発生すると、世界中に存在するマイナー(採掘者)が高性能のコンピューターを使って演算を行い、そのトランザクションに不正な点がないかを検証します。検証作業が終わると取引が行われた履歴としてひとつのグループ、つまりブロックに入れられます。

 

ブロックに入れられたトランザクションは正当なものとして承認されますが、未承認のトランザクションはどのブロックにも属さない状態となります。

 

ビットコインの場合、1つのブロックを生成するのにかかる時間は約10分程度と設定されています。

これはマイニングの処理速度が高速化した場合にも一定に保たれるように調整されており、たとえば超高速での演算が可能なコンピューターがマイニングで使用されるとマイニングされるスピードも上昇しますが、マイニングのスピードが上がるに連れてマイニングの難易度も上げられるため、1つのブロックを約10分程度で生成するよう調整されています。

 

マイニングによってブロックが新しく生成され、トランザクションが記録され、また新しいブロックが生成され…という作業は次々に繰り返されます。

新しく生成されるブロックは、基本的に直前のブロックの後につながっており、直前のブロック内に入った複数のトランザクションのデータを暗号化したデータが入っています。

繋がっているブロックが1本の鎖のようなイメージになることから、ブロックチェーンと呼ばれています。

 

悪意を持った誰かが故意にあるブロックの内容を改変したとしても、そのブロック以降のすべてのブロックについても内容を改変しなければつじつまが合わなくなります。ブロックチェーンにおいて、ブロックの内容の検証はネットワーク上にいる多数のユーザーによって検証されるため、つじつまの合わないブロックは認証されることがありません。

 

原則として、ブロックチェーンはより長くつながったものが正しいと認識されます。

ブロックの内容を故意に改変して新しいブロックチェーンをつくったとしても、元のブロックチェーンより長くすることは実質不可能なため、不正を起こすのはかなり難しいと言えるでしょう。

投稿者

Liquid編集部(基礎)