ブロックチェーンとは

カテゴリ glossary

ブロックチェーンとは、分散型のネットワーク技術のことです。

仮想通貨のトランザクション(取引)が複数記録されたものをブロックと呼びますが、このブロックがつながって保存された状態を鎖のようなイメージとしてブロックチェーンと言います。

従来のネットワークは特定のサーバーなどを介していたため、中央集権的なものでした。しかし、ブロックチェーンは分散してデータを保管しており、相互にシステムを監視しあっています。

 

仮想通貨は円やドルといった法定通貨でいうところの中央銀行のような管理組織を持っていません。

P2P方式とよばれるネットワーク上で、ユーザー全員が管理するしくみになっています。

 

仮想通貨のトランザクションが不正のないものかどうかを、コンピューターによる超高速の演算によって検証する作業をマイニング(採掘)と言います。

マイニングを行うマイナー(採掘者)は、演算によって正しいと検証できたトランザクションの情報を含めたブロックを生成します。

この繰り返しによりブロックが生成され続け、生成されたブロックが繋がっていくことでブロックチェーンがつくられていきます。

 

仮想通貨の代表的存在であるビットコインの場合、1つのブロック生成には約10分程度かかるように設定されています。

マイニング作業は10分おきにまとめてブロック化されていくため、ブロックチェーンも10分ごとに伸びていきます。

 

ブロックに含められているトランザクション情報は、ユーザー全員で共通しています。

ユーザーであれば誰にでも確認できますが、ハッシュ関数によって暗号化されます。

ハッシュ関数とは、元のデータから不規則な文字列(ハッシュ値)を生成する関数です。一ヶ所でも異なる部分があればまったく違うハッシュ値が生成されるため、二重発生はしない仕組みになっています。

また、生成されたハッシュ値からは元のデータは読み取れない不可逆性を持っています。

 

ブロックチェーンで確認できる情報は、ハッシュ値だけではありません。

他には、取引件数やビットコインの取引量、前のブロックのハッシュ値があり、これらは時系列で確認することができます。

トランザクションの履歴は確認できますが、内容の詳細は暗号化されているので他のユーザーに見られることはありません。

 

ブロックチェーンにはパブリック型とプライベート型の2種類があります。

 

パブリック型はその仮想通貨のユーザーであれば誰でも自由にマイニングに参加できるブロックチェーンです。

対してプライベート型は管理者がいるという違いがあります。

管理者の許可のもとマイニングがコントロールされています。

 

ブロックチェーンは一元管理しないことでシステムダウンや中央集権化によるコントロールを受けないのがメリットです。

また、ネットワーク上のユーザーで相互に常時監視しあっているため不正をすることは非常に難しく、データの改ざんが実質的に不可であり、安心できる技術として期待されています。

投稿者

Liquid編集部(基礎)