バーン(Burn)とは

カテゴリ glossary

バーン(Burn)とは、運営者が保有している仮想通貨の一部を永久に使えないようにする行為のことです。

 

バーンの語源は、「Burn」の直訳である「燃やす」ことからきています。

仮想通貨は現実世界に実在しないので、紙の紙幣のように燃やして処分することができません。仮想通貨を使えなくするには運営者がバーンをして、通貨の供給を制限する必要があります。

 

また、「バーン」と似たような言葉に「ロックアップ」があります。

ロックアップとは、運営者が「一時的に」仮想通貨の一部を使えなくする行為です。運営者による判断で、ロックアップされた通貨は再び市場に流通します。

一方、バーンは、「永久に」仮想通貨の一部を使えなくする行為です。

ロックアップと違い、再度市場に流通することはありません。

 

バーンをする主な理由は、「バーンをした仮想通貨に、より多くの資金を流れこませるため」です。発行枚数に限りがある仮想通貨をバーンすると、市場に流通する通貨の数量が減るので、通貨の希少性が上がります。

仮想通貨の価値は、需要と供給のバランスによって決まるので、需要が変わらず供給が減ると、通貨の価値が上がっていきます。

ただし、希少性が上がったからといって狙い通りに価格に反映するとは限りません。仮想通貨の価格は、ビットコインの価格や相場のトレンドによって変わってくるからです。

 

また、新たな仮想通貨を発行するためにバーンが選ばれることもあります。

 

仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムのひとつに、プルーフ・オブ・バーン(PoB:Proof of Burn)というものがありますが、これは「対象の仮想通貨が使えなくなったことを証明」し、バーンした仮想通貨と引き換えに新たな仮想通貨を発行するというシステムです。

 

バーンの手順は、誰にも管理できないパブリックアドレス宛に、開発者が通貨を送金して行います。そして、アドレスの秘密鍵を誰にもわからない状態にすることで、仮想通貨を取り出せないようにします。

これにより、送金した仮想通貨は事実上消滅したことになります。

 

そして、バーンされた仮想通貨が使えなくなったことを証明するために、ブロックチェーンにバーンした取引を記録します。ブロックチェーンの取引は改ざんが困難で、誰にでも確認できるので、取引の正当性が保証されます。

 

このような仕組みで、仮想通貨のバーンを行ったことを証明し、顧客から預かった金額に応じて新たな仮想通貨を分配することで、新しい仮想通貨に価値を持たせることができるのです。

投稿者

Liquid編集部(基礎)