クラウドマイニングとは

カテゴリ glossary

クラウドマイニングとは、仮想通貨のマイニング(採掘)を行っている企業に投資してマイニングを代行してもらい、配当として利益を得る方法をさします。

 

ビットコインの場合、トランザクション(取引)の情報はユーザー全員が共有していて、10分ごとに1つのブロックにまとめられていきます。ブロック内には取引を特定するハッシュと、1回の取引でしか使えないナンスというそれぞれの数値の情報が記録されています。

 

トランザクションが不正なものではないという検証をするために、このハッシュとナンスの情報を解読していくことがマイニングという作業です。

もっとも早く検証作業を終えてブロックを生成したマイナー(採掘者)は、マイニングの報酬として新規に発行されたビットコインを受け取ることができます。

 

つまりマイニングを行うことがビットコインを増やす方法ですが、マイニングを行うには膨大な計算作業が必要なため、高性能のコンピューターを大量に駆使しないと対応できません。

高性能のコンピューターを大量に駆使し管理できるだけの労力とコストをかけられるマイナーでなければ、マイニングによる報酬を得るというのは難しく、個人ではほぼ不可能です。

そこで個人でもマイニングによる報酬であるビットコインを得られる方法として最近注目されているのが、クラウドマイニングです。

高性能のコンピューターやそれを設置するための場所を準備する必要がないため、初期の設備投資費用が不要です。またコンピューターを動かすための電気代もかかりません。

 

マイニングの知識があまりない仮想通貨取引の初心者であってもマイニングに参加することができて、ビットコインを配当として受け取れるなどのメリットがクラウドマイニングにはあります。

 

ただし、クラウドマイニングには当然デメリットもあります。

まず、マイニングを行う企業に投資する費用がかかります。投資金額が多いほど、配当として受け取れるビットコインの量も増えますが、マイニングを行う企業が倒産すれば投資分は回収できず損失となります。仮想通貨の市場はまだ新しく変化が激しいため、予想もしなかった問題が起きてマイニングを行う企業が倒産する可能性はゼロではありません。

 

また、ビットコインは価値の変動が激しいため、市場の動きによっては収益額が減ることがあります。それだけではなく元本を割るという可能性も考えておく必要があります。

 

クラウドマイニングに参加する場合は、こうしたメリットとデメリットを比較してじっくりと検討することが大切です。

投稿者

Liquid編集部(基礎)