コンセンサスアルゴリズムとは

カテゴリ glossary

コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨/暗号資産のブロックを追加する際の合意形成アルゴリズムのことです。

 

仮想通貨/暗号資産のトランザクションの記録は、複数のマイナーによるマイニングによって成り立っています。

 

通常、マイナーたちは同じトランザクションの記録や計算処理を行っているため、マイナーごとの処理の結果はまったく同じになるはずです。

 

しかし、実際には多少の計算ミスや、悪意のあるデータの改ざんなどが含まれており、全員の答えが一致しない場合があります。

 

コンセンサスアルゴリズムは、そのような最終的なトランザクションの処理の結果がマイナーごとに異なった場合に、どのマイナーの結果を正しいと処理するかを決めるアルゴリズムです。

 

処理結果が正しいとされるということは、マイニングの際に発生するマイニング報酬が付与されることも同時に意味します。

 

このような誰が正しいかを決めるという意味合いから「コンセンサス(意見の一致。合意)」という言葉が使用されています。

 

コンセンサスアルゴリズムは、仮想通貨ごとに異なります。

ここでは、一例としてビットコインのコンセンサスアルゴリズムの説明をします。

 

ビットコインの場合は、PoW(PoW:プルーフ・オブ・ワーク)というコンセンサスアルゴリズムが使われています。

 

PoWの場合は、最も早く計算処理を行ったマイナーの答えを正しいものとしています。

 

計算処理の速度が求められるため、必然的にマシンパワーを向上させる必要があります。

 

すなわちPoWでの合意形成の場合は、マシンパワーの強さが最終的な結果への影響度の高さを表します。

 

PoW以外にもコンセンサスアルゴリズムは数多く存在しています。

代表的なコンセンサスアルゴリズムの例を一部紹介します。

 

代表的なコンセンサスアルゴリズム

PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)

PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)

PoI(Proof of Importance:プルーフ・オブ・インポータンス)

PoC(Proof of Consensus:プルーフ・オブ・コンセンサス)

 

それぞれのコンセンサスアルゴリズムに特徴があり、メリットデメリットが存在しています。あくまでもコンセンサスアルゴリズムは仕様であり、アルゴリズムや仮想通貨/暗号資産ごとの優劣をつけるものではありません。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

 

また、仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)