Ethereum(イーサリアム)とは

カテゴリ glossary

Ethereum(イーサリアム)とは、数ある仮想通貨のひとつです。ビットコインに次いで時価総額が高いとされています。通貨単位はEther(イーサ)です。


イーサリアムが構築されたのは2013年です。
ヴィタリック・ブテリンという人物が設計を始めて、2014年に販売が始まりました。
スイスに設立されたイーサリアム財団という非営利団体により資金は管理されています。
日本の仮想通貨取引所でイーサリアムの取引がスタートしたのは2015年でした。
ヴィタリック・ブテリンを筆頭者とするETH DEVという開発者チームをはじめ、世界各国にイーサリアムの開発者が点在しています。


新規発行についても、ビットコインと同じようにP2Pネットワーク上で取引されています。採掘作業による新規発行の報酬システムはプルーフ・オブ・ワークですが、近いうちにこのシステムはプルーフ・オブ・ステークに移行する予定です。
イーサリアムは、ビットコインが決済システムであるのとは異なり、アプリケーションを作成するためのプラットフォームです。イーサリアムプロジェクトという新しい試みのために、アプリケーションが提供されている場というイメージです。
イーサリアムは、イーサリアムブロックチェーン上で作成されたアプリケーションを稼働する際に利用されます。


このプラットフォームは、チューリング完全とよばれるプログラミングを使ってユーザーの誰であっても柔軟にアプリケーションを作成できます。


また、イーサリアムはビットコインのように通貨として使うこともできるため、円やドルなどの法定通貨との間でレートが存在しています。
イーサリアムで作られたアプリケーションが増え、その稼働のためにイーサリアムの需要が増えれば、イーサリアム自体の価格が上がっていきます。


イーサリアムの大きな特徴のひとつがスマートコントラクトです。ビットコインとは異なり、イーサリアムは通貨取引と同時に契約内容を記録に残すことができます。
これまで銀行や裁判所などが保証していたこれらの契約が、イーサリアムの技術を利用することで不要になるためさまざまな契約がよりスムーズになります。


前述の通り、イーサリアムはアプリケーション作成のプラットフォームとしてすぐれた機能を持っているため、柔軟なアプリケーションの開発が可能です。その反面、柔軟性の高さや誰でもアプリケーションを作成できる点から脆弱性があり、システム修正の回数が多いという不安定さもあります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)