半減期とは

カテゴリ glossary

仮想通貨における半減期とは、仮想通貨の取引記録の確認作業をコンピューターの計算処理によって行う採掘(マイニング)の報酬として得られる仮想通貨(採掘報酬)の額が半減する時期のことです。

 

マイニングの報酬額を半減させるのは、マイニングする人が増え、採掘報酬の発行量が増えると、その仮想通貨の流通量も増えるからです。流通量が増加しすぎると、仮想通貨の希少性が薄まってしまいます。このような仮想通貨価値の下落を防ぐために、採掘の難易度を一定期間ごとに調整することによって発行量の速度に保っています。半減期もその難易度調整の一種です。

 

半減期は一定量の取引量が行われるたびに迎えるというのが通例で、仮想通貨としてもっともよく知られているビットコインの場合には21万ブロックごとと定められています。

実際に、ビットコインは2009年からマイニングが開始され、マイニングされたブロックが21万を超えた2013年に採掘報酬額は約半分に減少しました。

ビットコインは仮想通貨の中心的存在として認知度が一気に向上したこともあり、マイニングする人が増えて取引量の増加スピードがあがったと言われています。2018年1月現在では21万ブロックをマイニングするのに4年もかからないと考えられています。このように、現実には半減期が予定よりも前倒しになるケースがしばしばあります。

 

仮想通貨が半減期を迎えると、報酬額が減るためにマイニングする人も減っていきます。すると仮想通貨の供給量も減っていくので、所有者が徐々に限定されていきます。すなわち、その仮想通貨の希少性が高まるということになります。

 

投稿者

Liquid編集部(基礎)