ライトニングネットワークとは

カテゴリ glossary

ライトニングネットワークとは、ブロックチェーンとは別に設けられたネットワークのことです。同時に、ブロックチェーンの仕組み上、避けては通れないスケーラビリティ問題を解決する技術として注目されています。

 

通常、ビットコインで相手先に送金する場合、

取引が完了するまでに必要な承認回数が多ければ多いほど時間がかかり、送金にかかる手数料も増加します。

こういった現状のブロックチェーンシステムは情報改ざんに強いという特徴がある一方で、仮想通貨の需要の高まりに比例して手数料も増え、少額の決済を実行するには不向きといえます。

しかし、ライトニングネットワークはこういった取引上のトラブルを解決し得るものだといわれています。

ライトニングネットワークを支えるのがペイメントチャンネルとHTLC(Hashed Timelock Contracts:ハッシュドタイムロックコントラクト)という2つの技術です。

 

ペイメントチャンネルとは、個人用の支払いチャンネルのことです。ペイメントチャンネルによって決済を実行した場合、ブロックチェーン上には送金時と受取時の情報のみが記録されます。ブロックチェーン上に複数の経由ポイントを記録するのに比べて圧倒的にデータ量は減るため、その分の手数料は安くなり、決済にかかる時間も短くなります。

 

しかし、自分専用の支払いチャンネルであるペイメントチャンネルは、開設する際に手間もかかり、そのための手数料も発生します。ペイメントチャンネルを持っていないユーザーでも安全に送金するためには、経由ポイントの安全性を担保する必要があります。

 

そこでポイントとなるのがもうひとつの技術であるHTLCです。HTLCとはデータを暗号化するハッシュという仕組みと、一定の時間暗号化を有効にできるタイムロックという仕組みを組み合わせた技術です。送金する側と受け取る側の署名と秘密情報を掛け合わせ、仲介者がコインを持ち逃げできない仕組みとなっています。

 

ただし、ライトニングネットワークにはいくつかの懸念点が指摘されています。そのひとつがルーティング機能の最適化です。ルーティング機能とは送金を行う際の経路のことです。送金を行う際の経由ポイントが多ければ多いほど手数料が高額になり、時間もかかってしまいます。最短経路を探し出すことがライトニングネットワークの肝ですが、それが実際に可能であるのかという指摘があります。

 

もうひとつの懸念点が、経由ポイントである仲介者の偏りです。ルーティング機能の懸念とも一部重複しますが、経由ポイントが一部に偏り、P2Pの分散型ネットワークではなく中央集権型に近いネットワークになってしまうのではないかとの指摘もあります。

 

これらの懸念点は実際に発生するのか明確な答えは出ていませんが、技術的な課題が解決されれば懸念点の払拭につながり、ライトニングネットワークがより一層現実的なものとなります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)