マイニングリグとは

カテゴリ glossary

マイニングリグとは、仮想通貨を採掘(マイニング)するための機材のことです。マイニングとは採掘、リグとは機材・装置といった意味を表します。

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨の多くは、マイニングという採掘作業によってコインの新規発行が行われます。

マイニングはブロックチェーン上のブロックの計算をいち早く実行し、世界中のマイニングリグの中でもっとも早く計算できた場合に報酬としてコインが支払われるという仕組みです。

ビットコインが登場して間もないときは取引量も少なく、一般的なパソコンでもマイニングは可能でしたが、取引量の増加にともない、より高性能なコンピューターでの計算が求められるようになりました。現在ではマイニング専用のマシンであるASIC(Application Specific Integrated Circuit:アプリケーションスペシフィックインテグレートサーキット)というマイニングリグが活躍しています。

 

マイニングリグは高度な計算を常に実行しているため、コンピューターの消費電力も膨大です。

世界にはマイニングリグ専用の大規模な設備を作り、ビットコインのマイニングをひとつの事業としている企業もあるほどです。

そのため、個人がビットコイン用のマイニングリグを運用して利益を手に入れることは難しく、競争率も激しいです。

一方、ビットコイン以外のアルトコインのマイニングリグを個人で作製し、運用しているマイナーも存在します。マイニングリグで重要となるのがパソコンに搭載するGPUです。効率良くマイニングを実行するためには高性能なGPUが必要不可欠であり、マイナーの増加にともなってGPUの需要も増えています。

 

ビットコインのような大規模のマイニングリグを運営するうえで重要なのが、電気代の単価です。

国や地域によって電気代の単価は大きく変動しますが、電気代の安い国や地域にマイニングの拠点を置く企業は多く、また、コンピューターの熱を効率的に冷却できる気候の特性なども重要なポイントです。

 

マイニングリグにはビットコインのような大規模な設備を要するものから、そのほかのアルトコインのマイニングリグのように個人のパソコンでも可能なものまで、その規模はさまざまです。

ビットコインのマイニングリグも、当初は個人のパソコンで十分だったものが、取引量の増加にともない徐々に大規模化してきたという経緯があります。仮想通貨の需要が大きくなればなるほど、マイニングリグの需要も今以上に高まりを見せてくると考えられています。

投稿者

Liquid編集部(基礎)