採掘(マイニング)とは

カテゴリ glossary

採掘(マイニング)とは、仮想通貨の取引の検証に必要な計算処理を行うことを指します。

 

ビットコインのような仮想通貨の発行や取引は、現行の通貨のように国や銀行といった中央機関が存在していません。そこで、送金情報を送った人がその仮想通貨の正式な保有者なのか、二重に発行していないかなど、不正や二重発行といったミスが起こらないように記録・検証する必要があります。そして、すべての取引記録を正確にブロックチェーンとよばれる取引台帳に追記していきます。

 

ブロックチェーンに追記する作業はコンピューターを使って計算しますが、膨大な量の計算が必要となります。この追記作業に伴う膨大な計算処理は、世界各国の有志によるコンピューターリソースを借りて行っています。コンピューターを使用していない時間や、コンピューターの余っているCPU能力の一部を借りることによって計算をスムーズに行い、共有する1つの大きな取引台帳(ブロックチェーン)への追記作業を休むことなく行います。

 

この追記作業を有志でサポートし、最初に処理を完了した人には、その見返りとして新たに発行されたビットコインが支払われます。仮想通貨の新規発行は、この追記作業を完了した報酬がユーザーに支払われる瞬間に起こるということになります。

 

この、計算処理を完了した報酬として新規発行された仮想通貨が支払われることは金や銀を採掘するイメージからきた表現に由来して「採掘(マイニング)」と呼ばれています。自分が所有するコンピューターの計算能力を生かして報酬を得ることもひとつのビジネスと考え、自分の時間を使って毎日採掘(マイニング)を行う人が一定数存在しています。この採掘(マイニング)を行う人々は採掘者(マイナー)と呼ばれています。マイナーのおかげでビットコインなどの仮想通貨の安全性が守られていると言えます。

 

仮想通貨の新規発行は採掘(マイニング)を通じてのみ行われます。有志のユーザーによって採掘(マイニング)は行われていますが、ビットコインの場合は総発行量が2100万ビットコインと定められていますので、採掘報酬として支払われるビットコインの新規発行量も制限されています。

 

マイニングのうち、一人で行う方法をソロマイニング、複数人で行う方法をプールマイニングと言います。

マイニングの作業は年々高速化されてきたこともあり、2018年1月現在ではプールマイニングが主流になりつつあります。コンピューターのセッティングやメンテナンスの知識において多額の投資がしにくいため効率が悪く、マイニングの成功率が低いソロマイニングは減少傾向にあります。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)