マルチシグ(マルチ・シグネチャ)とは

カテゴリ glossary

マルチシグ(マルチ・シグネクチャ:Multi Signature)とは、仮想通貨/暗号資産を送金する際に複数の署名、つまり複数の秘密鍵が必要とされるアドレスのことです。通常のアドレスは必要な秘密鍵が1個ですが、マルチシグの場合は複数個に分割されていて、そのうちの一定数の秘密鍵が合えば送金できるというイメージです。

 

仮想通貨/暗号資産の取引で使用しているパソコンやスマートフォンのパスワードが盗まれたり、ウイルスに感染したりして正常に起動しなくなった場合、一つの秘密鍵で管理していると仮想通貨/暗号資産の所有権が奪われたことに等しくなります。

 

対してマルチシグのアドレスを使用している場合は、有効な複数の秘密鍵がなければ送金ができません。パソコンとスマートフォンとで複数の秘密鍵を別々に管理していれば、ハッキングでパスワードを盗まれたりウイルス感染をしたりといった不測の事態になっても仮想通貨/暗号資産が盗まれる危険性がかなり下がるため、安全性や安心度が高くなります。

 

マルチシグでは3個の秘密鍵を設定し、そのうちの2個の秘密鍵の一致が求められる「2 of 3」が一般的です。多くの場合、3個の秘密鍵のうちの2個を自分で管理し、残りの1個をウォレットの管理会社に預けておくという形が取られます。

 

この方法だと通常は自分が管理している2個の秘密鍵を使って取引を行うことができます。もしパスワードを忘れた、パスワードを盗まれたといった事態になったとしても、自分が管理しているもう1個の秘密鍵とウォレットの管理会社に預けている秘密鍵を使えば、2個の秘密鍵がそろうため取引が続けられます。

 

こうした事態を想定して、ネットワーク上ではなくUSBなど外部媒体に秘密鍵のひとつを保管しておくといいでしょう。

 

マルチシグではない通常のアドレスだと、パスワードを忘れてしまえば自分の仮想通貨/暗号資産の取引アドレスにはアクセスできず、取引も不可能になります。

 

しかしマルチシグ対応のアドレスにしておくと、セキュリティの向上だけでなく万が一の事態の時でも対応できるという便利さがあります。

 

ただしマルチシグにはメリットばかりではなくデメリットもあります。

 

まず、秘密鍵を複数設定しなければならないため、通常のアドレスよりも初期設定に時間がかかります。

 

また、複数人でマルチシグのアドレスを管理する場合は、管理方法について責任者を決めてきちんと運営しておかなければいけません。

 

たとえば8人で秘密鍵を1つずつ管理して5 of 8で運営する場合、誰の秘密鍵から優先して使用するのかはセキュリティの関係から慎重に決めておく必要があるでしょう。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

 

また、仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)