海外送金(国際送金)とは

カテゴリ glossary

海外送金(国際送金)とは、日本の金融機関と海外の金融機関の間で行われる送金手続きのことです。通常は銀行の窓口やネット銀行を通して行うのが一般的ですが、手数料が比較的高く、手続きが煩雑な上に完了まで時間がかかるなどのデメリットがあります。最近はこうしたデメリットをカバーする方法として、仮想通貨/暗号資産を使った海外送金を行うケースが増えてきています。

 

銀行を介した従来の方法で海外送金を行う場合の手数料は、ゆうちょ銀行だと送金する金額にかかわらず2,500円の送金手数料と10ドル前後の仲介手数料が必要です。都市銀行の場合は4,000~7,000円もの送金手数料がかかります。

 

なぜ送金手数料がこんなにかかるかというと、日本国内の銀行から受取先の銀行へ直接送金しているわけではなく、間に仲介銀行が入っているためです。送金手数料の内訳は、この仲介銀行における人件費やシステム費を含む費用となっています。

 

仲介銀行が間に入ることで、送金が完了するまでに時間もかかります。受取先の銀行への入金は脱税などの不正がないかを調査するために数日かかります。さらに受け取る本人が認証手続きをしなければ送ったお金は受け取れません。

すべての手続きが完了するまでに、最大1週間程度かかるケースも少なくないようです。

 

こうした送金手数料や入金までの日数の問題を改善できるのが、仮想通貨/暗号資産を用いて海外送金する方法です。

 

日本国内には海外送金の手続きが可能な仮想通貨/暗号資産の取引所がいくつかあり、たとえばビットコインを海外送金する場合には数百円の手数料で即日入金が完了できるような取引所もあります。

仮想通貨/暗号資産は円やドルなどの法定通貨と比べると価格が不安定で為替リスクが高いとはいえ、先に述べた従来の銀行を介した方法よりも簡単に、そして安いコストで迅速に海外へ送金できるのは大きな魅力です。

 

また送金は受け取る側の仮想通貨/暗号資産のウォレットに対して行いますから、受け取る側も都合のいい時にすぐ受け取れます。

 

ただし、仮想通貨/暗号資産による海外送金はどの仮想通貨/暗号資産を使って送金するかによって送金手数料が変わります。ビットコインではなくイーサリアムで送金すると手数料が抑えられる場合もあり、複数の仮想通貨/暗号資産を保持している場合には検討が必要です。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)