プライベートチェーンとは

カテゴリ glossary

プライベートチェーンとは、取引を承認する権限を有したノードが一部に限定されているブロックチェーンのことです。

特定の管理者が存在し、その管理者でなければブロックチェーン上の承認やデータの記録を実行することができません。

ビットコインイーサリアムのブロックチェーンは管理者が存在せず、不特定多数のノードがそれぞれ取引の承認や記録を行っているため、プライベートチェーンには該当しません。

 

プライベートチェーンはひとつの機関や組織内において、限定的なブロックチェーンを構成するのに役立ちます。管理者があらかじめ定められているため、取引の承認プロセスも比較的厳格ではなく、取引に要する時間も速いという特徴があります。そのため、特定の企業や組織の中で、ブロックチェーンを応用したシステムを構築する際にはプライベートチェーンが採用されることが多いです。

 

プライベートチェーンのメリットは、ブロックチェーンの個別のルールを独自に定めることができ、その変更も容易であるという点が挙げられます。企業や組織内で独自のルールを設け、適応しやすいシステムを構築するには欠かせないポイントです。

また、プライベートチェーンは秘匿性に優れているため、外部に社内の情報が漏れるといったリスクもありません。ルールをつくる際に、管理者以外の情報閲覧を制限することも可能であり、外部・内部ともにプライバシーを確保できるメリットがあります。

プライベートチェーンのもうひとつのメリットとして挙げられるのは、取引手数料の安さです。決済などを目的としてプライベートチェーンを運用する場合、限られたノードの中で管理者が承認を行うため、取引に関わる手数料は安くなります。

 

一方で、プライベートチェーンを新たに導入する際にはコストが割高となるデメリットもあります。そのため、プライベートチェーンの導入は比較的大規模なシステムを企業内で構築する際に適しているといえます。

 

プライベートチェーンは金融機関が運用を前向きに検討していることでも知られています。金融機関ごとに個別にプロトコルの定義ができ、内部・外部ともに秘匿性に優れ、手数料が安いといった特徴はまさに金融機関にとって優れた技術であるといえます。

 

ブロックチェーンといえば仮想通貨をイメージすることも多いですが、プライベートチェーンを活用すれば仮想通貨以外の用途においても実用性が高く、実際に運用されている事例も増えてきています。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)