プルーフ・オブ・ステークとは

カテゴリ glossary

プルーフ・オブ・ステーク(PoS:Proof of Stake)とは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW:Proof of Work)の代替となるコンセンサスアルゴリズムとして開発されました。プルーフ・オブ・ワークが持つ問題点のいくつかを解決できる特徴があります。

 

プルーフ・オブ・ステークとは「掛け金の証明」と訳すことができます。

その仮想通貨をどれくらい所有しているのかを証明するという考え方です。

仮想通貨のマイニング(採掘)量、つまりワークの量を証明するイメージであるプルーフ・オブ・ワークとは運営ルールの考え方が異なります。

 

プルーフ・オブ・ワークの問題点のひとつは、トランザクション(取引)の検証と承認を行うマイニングの量が多いユーザーがブロック生成の権限をもつことです。

マイニングの量を増やすということは、大量の高性能コンピューターを常時稼働させ続けることです。

大量のコンピューターを設置するための巨大な施設と、それらを動かし維持するための膨大な電力を必要とします。

 

また、マイニングの難易度調整によって1ブロックあたりにかかる処理複雑化しやすく、演算に必要な処理能力が上がり続けることになります。

そのことにより、本来ならユーザー全員が参加できるはずのマイニングが、高性能コンピューターを常時動かせる一部のユーザーに偏ってしまう恐れがあります。

 

プルーフ・オブ・ステークでは、保有する仮想通貨量が多いユーザーがブロック生成の権利をもちます。

マイニングのための演算能力はもちろんある程度必要ですが、演算量やスピードではなく保有量が基準となるため、演算は複雑化せずに結果的にマイニングが早くなって、トランザクションがより早く行える可能性があります。

 

プルーフ・オブ・バーンなど現在仮想通貨の運営で使われているシステムをカバーできるメリットが大きいイメージのプルーフ・オブ・ステークですが、デメリットもあります。

 

仮想通貨の保有量の多いユーザーがブロック生成の権限をもつことが優先されるということは、そのユーザーがさらに多くの仮想通貨を保有することを意味します。

現在保有量が少ないユーザーは新規で仮想通貨を得るブロック生成の機会を得ることがより少なくなり、資産の集中化につながる可能性があります。

 

また、演算のためのコストをあまりかけずにブロック生成ができるため、悪意を持ったユーザーであれば故意に不正なブロックを生成するという可能性も捨てきれません。

 

しかし、不正なブロック生成を行い、通貨の信頼を失うと、通貨の価格も下落し、結果的に保有資産の多いマイナーが損をすることになります。そのため、実際にはそういった不正を行うマイナーは出てこないと考えられています。

 

物理的にマイニングにかけるコストを抑えられる可能性が高いこともあり、昨今プルーフ・オブ・ステークは注目されつつあります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)