プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは

カテゴリ glossary

プルーフ・オブ・ワーク(PoW:Proof of Work)とは、トランザクションの合意形成アルゴリズムであるコンセンサスアルゴリズムの一種です。

プルーフ・オブ・ワークの場合には、最も早く検証作業を終えたマイナーの答えに重きを置いています。

ビットコインはブロックチェーンをはじめとした、さまざまな技術システムを稼働して運営されています。

その運営のためのルールとも言えるのがプルーフ・オブ・ワークです。

 

ビットコインに限らず、仮想通貨はいずれも、円やドルなどの法定通貨でいうところの中央銀行のような一括管理組織がありません。

そのため、仮想通貨のシステムを滞りなく運営するためにはこまかいルールづくりが必要です。

 

プルーフ・オブ・ワークは直訳すると「仕事の証明」です。ここでいう仕事とはマイニング(採掘)のことをさしています。

 

仮想通貨は通貨の発行や管理をする中央管理組織がない代わりに、ユーザー全員でトランザクション(取引)の不正が起きないように監視し、正しいトランザクションを完了させるというシステム形態をとっています。
このシステムを行うネットワークのことをP2Pネットワークと呼びます。

日々、P2Pネットワークを介して膨大なトランザクションが申請されます。

 

新しいトランザクションが申請されると、高性能のコンピューターを使ってそのトランザクションブロックチェーンに記録していきます。

この作業をマイニングと呼びます。
マイニングは世界中に存在する数多くのユーザー、つまりマイナー(採掘者)が行っています。

 

マイニングによって不正がないかどうかの検証を行い承認されると、そのトランザクションはブロックと呼ばれるトランザクションの台帳にあたるものに入れられます。

ビットコインの場合、ブロックは10分おきに前のブロックにつながれていきます。このつながりをブロックチェーンと呼びます。

 

マイニングが完了すると、そのマイニングを行ったマイナーには報酬という形で仮想通貨が新規発行されます。マイニングが仕事、マイニングした量が仕事をしたことの証明にあたり、その証明を最も早く行ったマイナーに対して報酬が与えられる、これがビットコインの運営システムです。

そしてビットコインを円滑に運営していくための構成システムの仕組みがプルーフ・オブ・ワークです。

投稿者

Liquid編集部(基礎)