パブリックチェーンとは

カテゴリ glossary

パブリックチェーンとは、管理者が存在せず、世界中の不特定多数のノードが相互に承認し合うブロックチェーンの仕組みです。

ビットコインをはじめとするブロックチェーンはパブリックチェーンの仕組みを採用しています。

 

パブリックチェーンのメリットは、管理者が不在であるため、誰もがノードに参加でき、パブリックチェーンを利用するためのコストを抑えられる点です。

また、パブリックチェーン内のブロックチェーンに記録された情報は、誰でも確認することができ、公正な取引を実現するには最適な仕組みといえます。

これはPoW(Proof Of Work:プルーフ・オブ・ワーク)やPoS(Proof Of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)という仕組みによって実現しているもので、安易にデータの改ざんができないよう厳格な合意形成のプロセスを踏んでいます。

 

一方で、パブリックチェーンにはデメリットも存在します。

不特定多数のノードが参加することによって取引の経由ポイントも多くなり、プライベートチェーンに比べて取引速度は遅くなってしまうほか、手数料も高額になってしまいます。

また、管理者が不在であるが故に、将来的に何らかの理由によって仕様変更の必要性が出てきた場合、その承認に時間を要する可能性もあります。

 

パブリックチェーンを採用している仮想通貨の代表例として挙げられるのがビットコインですが、セキュアで自由な取引を実現していると同時に、パブリックチェーンであるが故の問題点も指摘されています。

もっとも有名な問題がスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題とは、ビットコインのパブリックチェーン内にあるトランザクションのボリュームが増え、取引の遅延や手数料が増加してしまうというトラブルのことです。

トランザクションデータの処理に要する時間が長くなってしまうと、決済を処理するための時間が長くなり、結果としてビットコインの利便性を大きく損なってしまいます。

今後、仮想通貨が日常生活の中で決済の手段として一般化した場合、決済のレスポンスが遅いということは致命的な欠点になり得ます。

 

このように、パブリックチェーンは管理者が不在であり、誰もが手軽にブロックチェーンを利用することができるメリットがあります。一方で、スケーラビリティ問題をはじめとしたパブリックチェーンならではの問題点が指摘されていることも事実です。ビットコインをはじめとした仮想通貨において、パブリックチェーンは欠かせない技術であり、問題点をひとつずつクリアしていくことが仮想通貨の普及において避けては通れない道となっています。

投稿者

Liquid編集部(基礎)