公開鍵暗号とは

カテゴリ glossary

公開鍵暗号とは、公開鍵と秘密鍵の対になる2つの鍵を使ってデータの暗号化/復号を行う暗号方式のことです。

 

仮想通貨で取引する際には、電子署名が必要です。電子署名はデータ上の取引における本人確認のことで、紙での契約取引における署名と同じ役割を持っています。

 

仮想通貨は円やドルといった法定通貨のように硬貨や札などの形があるわけではありません。あくまでもデータとしてネットワーク上に存在するものですから、取引をする際に仮想通貨を所有していることを証明するために電子署名が必要なのです。

この電子署名を行う際に必要なのが秘密鍵と公開鍵です。この2つは取引を行うために必ずセットで必要とされており、この2つを使った暗号方式のことを「公開鍵暗号」や「公開鍵暗号方式」と言います。

 

秘密鍵は銀行口座でいうところの暗証番号にあたります。この番号を知っていることで、ウォレットにアクセスすることができます。

対して公開鍵は仮想通貨のネットワーク上で誰にでも見られるよう公開されているものです。銀行口座で言うところの、口座番号にあたり、公開鍵を知っていることで仮想通貨の送金を行うことができます。

送金する側は仮想通貨の送金量、つまり取引データを作成した後に、公開鍵を使って取引データを暗号化します。そして暗号化したデータと、そのデータを開けることができる公開鍵をP2P(ピアツーピア)とよばれるネットワーク上に公開します。

 

仮想通貨の送金取引データはネットワーク上に公開された後、世界中にいる採掘者(マイナー)によって取引データがきちんと確認できるか検証されます。検証作業を最も早く終えた採掘者はその報酬として仮想通貨を手にできることになっています。

 

検証作業によって不正などがないことが確認されると、受け取る側のウォレットアドレスに仮想通貨が移動し、受け取る側が秘密鍵を使ってデータを確認した時点で取引完了となります。

この取引データは全世界の採掘者に共有されているため改ざんなどはできません。

 

仮想通貨の取引において、秘密鍵を送金する側と受け取る側とが共有する「共有鍵暗号方式」という方法もあります。これは同一の秘密鍵を双方どちらも、何度でも使えるというものです。

いわゆる合鍵のイメージですが、共有する人が増えてくるとセキュリティに不安が出やすい方式です。顔も名前も知らない者同士がネットワーク上だけで取引する仮想通貨の世界では、なりすましなどの不正の可能性を考えると採用しづらい方式です。

 

公開鍵暗号方式は公開鍵のみを共有するため、データが漏洩しにくくなります。しっかりとしたセキュリティに守られた状態で取引ができると言えるでしょう。

投稿者

Liquid編集部(基礎)