レファレンス実装とは

カテゴリ glossary

レファレンス実装とは、何らかの機能を実現する働きをするハードウェア、もしくはソフトウェアのことをさします。

 

これを参考に、開発者以外の他者が独自に実装する際に、その実装を助ける目的でも使われます。

 

レファレンス実装は仕様が実際に実装できるかどうかの確認のために仕様書と並行して開発されていきます。

 

ある規格を決める時は、仕様書という形で細かい部分まで共通規格を設定していきます。

 

しかし、その内容は複雑かつ多岐にわたるため、いざ実装する段階になると、たとえば組み合わせの優先順位など仕様書だけでは判断がつかないさまざまな事態が発生する可能性があります。

 

そういった際にレファレンス実装を使って正しい動作が確認できれば、その仕様は正しい仕様として認識され、実行されます。

 

実装可能であることが確認できることで、安心して規格を決めていくことができるのです。

 

規格の設定時に、仕様の内容が間違っていないか、不正確な部分がないかなどを確認しながら進めていくことができるため、試験プログラムに不具合がないかをテストすることが可能です。

 

また、試験プログラムでは評価できない仕様を詳しく提示できるといった特徴もあわせ持っています。

 

レファレンス実装の本来の目的は、その仕様を知ってもらうことです。

 

そのため一般的には学究目的で提供されるケースが多いと言えます。しかし、仮想通貨/暗号資産におけるレファレンス実装というのは、一般的なレファレンス実装の考え方よりもさらに実用的で、仮想通貨/暗号資産市場でその仮想通貨/暗号資産の知名度をより高めるため、レファレンス実装したハードウェアやソフトウェアを商用として実装してもらう狙いで提供されます。

 

レファレンスとは「参考」という意味があります。

 

仮想通貨/暗号資産の取引を行うユーザーが、システムに従ってハードウェアやソフトウェアを実装し取引行為において使用していく際に、文字通り参考にするのがレファレンス実装です。

 

仕様の詳細が多岐にわたっていても、レファレンス実装を参考にすることで仮想通貨/暗号資産取引はよりスムーズに行えます。

 

仮想通貨/暗号資産の代表的存在であるビットコインの場合、レファレンス実装は2009年にソフトウェアを開発したと言われているSatoshi Nakamotoによって提供されました。ビットコインに関するプロトコル(通信規約)とともに、そのレファレンス実装であるBitcoin Coreが発表されています。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

 

また、仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)