リップルとは

カテゴリ glossary

リップル(XRP)とは、2004年に開発され2013年から配布が開始された仮想通貨のひとつです。

カナダのプログラマーであるライアンフガー氏が開発しました。

通貨単位はXRPと表示されます。

 

1000種類以上ある仮想通貨の中でも常に時価総額に置いて上位を占めているリップルは、世界的IT企業であるGoogle社が出資したことでも知られています。

 

発行総額は1000億XRPです。

そのうち、半分の500億XRPはロックアップされています。

110億XRPはリップル社が保有し、残りの390億XRPが仮想通貨市場で取引されます。

ロックアップとは簡単に言うと凍結されている状態のことを指します。

発行元であるリップル社であっても自由に売買できず、一気に売却されるということは起こりません。

 

リップルのロックアップは2017年の年末から開始され、2018年から毎月10億XRP分がロックアップの期限を迎えて放出されます。

このスピードのまま進むと、550億XRPがすべて放出されるまでは55ヶ月かかる計算になりますが、放出されず余ったリップルは月末に再びロックアップされ、55ヶ月後まで操作はできないシステムになっているため、実際には完全に放出されるにはかなりの時間がかかることになります。

 

ロックアップの目的は、リップルの仮想通貨市場における流動性を高めることです。

ロックアップすることで、リップル社が大量のXRPを保有し一気に売却するのではないかという懸念を払拭し、安定的にリップルを提供できるという意味をもたせています。

 

リップルにはさまざまな通貨と直接取引できるという大きな特徴があります。

たとえば円からドルへの交換、ビットコインからドルへの交換などをしたい場合、XRPを使って交換することができます。

従来の送金システムでは銀行を中継して行っていたことをリップルネットワークというネットワークシステムを使って行うため、通常は数秒という従来よりもかなり早い時間で送金取引が完了します。

 

この迅速さは送金手数料の安さや1秒当たりのトランザクション(取引)の量の増加にもつながっています。

 

リップル社は世界中の100社を超える銀行や決済機関と提携を結びつづけています。

イングランド銀行やシンガポール金融管理局といった中央銀行とも提携しており、これらの銀行や決済機関において将来的にXRPが利用されるようになる可能性があります。

 

仮想通貨の代表的存在であるビットコインやイーサリアムが個人間取引で使われるのに対し、リップルは銀行間取引を中心としています。

もちろん個人間取引も可能ですが、取引のメインは銀行間取引と言っていいでしょう。

投稿者

Liquid編集部(基礎)