Satoshi(サトシ)とは

カテゴリ glossary

Satoshiとは、「ビットコインの最小単位」のことです。具体的には、1BTCの1億分の1が1Satoshiです。逆に言えば、1Satoshi=0.00000001BTCということですので、小さい金額のビットコインについてはSatoshiの単位を使用したほうが見やすくなります。

Satoshiという単位にはビットコインの生みの親であるナカモト・サトシさんの名前からとっているという由来があります。

 

例えば1BTCの相場が日本円で100万円の場合、1Satoshiあたりの時価は約0.010円です。

 

ビットコインの基本システムは、1回あたりの取引量が546Satoshiを下回る取引を承認していないため、1Satoshiからの取引はできません。

546Satoshi以下の「承認されていない取引量」のことを「Dust(=ごみ)」と言います。

 

また、ビットコインの取引はQUOINEXをはじめとした取引所を介したやりとりが中心です。取引所ごとに最低取引量が定められており、それ以下の数量では取引ができません。

 

例えばQUOINEXの場合は0.002BTC(200,000satoshi)が最低取引量として定められています。ビットコインの基本システムが認めている最低取引量よりもかなり多いことがわかります。

 

ビットコインの値段は、各取引所が日本円単位ではなくBTC単位で最低取引量を設定しているため、ビットコインの相場に依存しています。ビットコインを購入する場合には、相場をチェックしてから検討する必要があります。 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)