署名とは

カテゴリ glossary

署名とは、仮想通貨の所有者であることを証明・確認するシステムのことです。

 

仮想通貨の世界においては署名・電子署名・デジタル署名などとも呼ばれており、送金者の確認やなりすまし・改ざんの防止に役立ちます。

仮想通貨の取引を行った際、ブロックチェーン上には所有者の署名が記録されており、署名が一致する場合にのみ所有者が記録を書き換えられる仕組みになっています。

仮に所有者以外の誰かが取引の内容を書き換えようとしても、署名が一致しないと書き換えることはできません。

また、この署名システムには「公開鍵」と「秘密鍵」という重要な要素が存在します。

 

公開鍵は広く公開しても問題のない鍵のことで、反対に秘密鍵は知られてはいけない鍵のことです。

公開鍵は秘密鍵を使って作成することができますが、秘密鍵は公開鍵を使っても作成することはできません。

公開鍵で暗号化したデータは秘密鍵で解くことができ、秘密鍵で暗号化したデータは公開鍵で解くことができます。

秘密鍵と公開鍵が互いに情報を守ることでデータの秘匿性を保っているのです。

 

秘密鍵と公開鍵はセットになることで成り立っていて、このシステムは「公開鍵暗号(公開鍵暗号方式)」と呼ばれたりもします。

「鍵を開けるための鍵」で二重にロックしている仕組みで、南京錠とその鍵をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

仮想通貨の取引を行う時、つまり、ブロックチェーン上に署名が行われる時にはこの取引者本人が「秘密鍵」を持っていることが条件になっています。

 

取引所やウォレットに仮想通貨を預けている場合には、保管所が秘密鍵を管理しているので、ユーザー自身も秘密鍵の情報を把握することはできません。

そのため、取引所のセキュリティが非常に重要です。

投稿者

Liquid編集部(基礎)