逆指値注文とは

カテゴリ glossary

逆指値注文とは、買い注文では「指定した価格よりも高くなったら買い」、売り注文では「指定した価格よりも安くなったら売る」注文方法のことです。

 

通常の指値注文は、買い注文の場合「指定した価格以下で買い」、売り注文の場合「指定した価格以上で売る」ことをさします。

逆指値注文は、この指値注文とは逆の注文方法であることから、「逆指値」と呼ばれています。

「逆指値注文」のほかに、「ストップ注文」、「リミット注文」と呼ばれることもあります。

 

逆指値注文のメリットは、トレンド転換を見逃さずに注文できることです。株式相場などと同じように、仮想通貨の相場も常に変動しており、価格が上がる傾向の「上昇トレンド」や価格が下がる傾向の「下降トレンド」があります。

 

上昇トレンドに転換した場合に、早い段階で買うことができれば、利益を大きく出せる可能性があります。

反対に、下降トレンドに転換した時に早い段階で売ることができれば、損失を最小に抑えられます。

いわゆる「損小利大」の手法を堅実に行なっていくのに逆指値注文が活躍します。

また、逆指値注文では、通常の指値注文と同様に、自分で売買の開始価格を設定できます。指定した価格のラインを超えると、成り行きで注文を行いますので、いつまでもチャートを見続ける必要がありません。

 

仮想通貨市場は価格の変動が激しく、24時間取引が行われているので、売買するタイミングを見逃すと、思わぬ方向へ価格が推移することが多々あります。逆指値注文では、あらかじめ設定した価格で自動的に損切りをしてくれるので、暴落時の損失を最小に防げます。

ちなみに、損切りとは、仮想通貨の価格が下がり、価格上昇が見込めない時に、それ以上の損失を増やさないために損失を確定させることです。

 

逆指値注文は、利益を確保しながら、より高く売りたい時にも活躍します。

例えば、ビットコインを1BTC=100万円の時に購入し、

その後、1 BTC = 120万円になり、まだ価格が上がりそうな場面だったとします。そこで、1BTC=110万円になったら、売りの逆指値注文を出しておきます。

 

上記のように注文を出しておくと、現在よりも価格が上がった場合には、より高い価格で「売る」機会が得られ、価格が下がり1BTC=110万円を切った場合には自動的に決済されます。

このように逆指値注文を活用することで、利益を確保しながらトレードができるようになります。

 

逆指値注文のデメリットとしては、上昇トレンドにおいて設定価格に到達した後、さらに高騰した場合の恩恵を受けられないことです。しかしながら、確実に利益を確保できるので、堅実な投資方法のひとつともいえるでしょう。

投稿者

Liquid編集部(基礎)