逆指値注文とは

カテゴリ glossary

逆指値注文とは、買い注文では「指定した価格よりも高くなったら買い」、売り注文では「指定した価格よりも安くなったら売る」注文方法のことです。

 

通常の指値注文は、買い注文の場合「指定した価格以下で買い」、売り注文の場合「指定した価格以上で売る」ことをさします。

 

逆指値注文は、この指値注文とは逆の注文方法であることから、「逆指値」と呼ばれています。

 

「逆指値注文」のほかに、「ストップ注文」、「リミット注文」と呼ばれることもあります。

 

逆指値注文のメリットは、トレンド転換を見逃さずに注文できることです。株式相場などと同じように、仮想通貨/暗号資産の相場も常に変動しており、価格が上がる傾向の「上昇トレンド」や価格が下がる傾向の「下降トレンド」があります。

 

上昇トレンドに転換した場合に、早い段階で買うことができれば、利益を大きく出せる可能性があります。

 

反対に、下降トレンドに転換した時に早い段階で売ることができれば、損失を最小に抑えられます。

 

いわゆる「損小利大」の手法を堅実に行なっていくのに逆指値注文が活躍します。

 

また、逆指値注文では、通常の指値注文と同様に、自分で売買の開始価格を設定できます。指定した価格のラインを超えると、成り行きで注文を行いますので、いつまでもチャートを見続ける必要がありません。

 

仮想通貨/暗号資産市場は価格の変動が激しく、24時間取引が行われているので、売買するタイミングを見逃すと、思わぬ方向へ価格が推移することが多々あります。逆指値注文では、あらかじめ設定した価格で自動的に損切りをしてくれるので、暴落時の損失を最小に防げます。

 

ちなみに、損切りとは、仮想通貨/暗号資産の価格が下がり、価格上昇が見込めない時に、それ以上の損失を増やさないために損失を確定させることです。

 

逆指値注文は、利益を確保しながら、より高く売りたい時にも活躍します。

 

例えば、ビットコインを1BTC=100万円の時に購入し、その後、1 BTC = 120万円になり、まだ価格が上がりそうな場面だったとします。

 

そこで、1BTC=110万円になったら、売りの逆指値注文を出しておきます。

 

上記のように注文を出しておくと、現在よりも価格が上がった場合には、より高い価格で「売る」機会が得られ、価格が下がり1BTC=110万円を切った場合には自動的に決済されます。

 

このように逆指値注文を活用することで、利益を確保しながらトレードができるようになります。

 

逆指値注文のデメリットとしては、上昇トレンドにおいて設定価格に到達した後、さらに高騰した場合の恩恵を受けられないことです。しかしながら、確実に利益を確保できるので、堅実な投資方法のひとつともいえるでしょう。

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

 

また、仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)