回転とは

カテゴリ glossary

回転とは、仮想通貨の取引において、銘柄を安く買い高く売るという行為を繰り返すことをさします。正式には回転売買といいます。

 

たとえば、1万円の予算を準備して、Aという1枚500円の銘柄を20枚購入したとします。この時、手元にあるのは仮想通貨が20枚で、現金は0円です。その後、銘柄Aが5000円に値上がりしたのですべて売却したとします。売却後、手元には仮想通貨は残っていませんが現金10万円を手にします。銘柄Aを購入する前に持っていた現金1万円が、回転によって9万円の利益が出たことになります。

 

この時点で利益を確定する方法以外に、さらに回転によって仮想通貨を多く手にする方法をとることもできます。

 

銘柄Aが以前のようにまた1枚500円に戻っていたとして、手元には現金10万円がありますから、すべて使うと銘柄Aを200枚購入できます。売却前の枚数の10倍の仮想通貨を所有することができたということになります。もしその後、銘柄Aがまた値上がりしたら、同じように売却してさらに多くの現金を得られます。

 

このように、市場の動きを見ながら回転を繰り返すことで、手にする仮想通貨の枚数もしくは現金を増やしていくことができます。買いと売りのタイミングがしっかりとれていれば、確実に利益を伸ばしていける方法ともいえるでしょう。

 

回転は、所有している仮想通貨の枚数すべてを対象とするのではなく、1/2や1/3、1/10など所有枚数の一部を使って回転を行うというパターンが一般的です。仮想通貨の相場は常に一定に上下しているわけではなく、急落したり高騰したりといった不安定な要素が常にあるからです。

 

先にも触れたように、回転は「安く買って高く売る」ことで利益を出す方法です。しかしもし回転中に大きな値動きが起こると、買いや売りのタイミングがとれません。その結果、予想外の損失を出したり、仮想通貨の所有枚数を減らしてしまったりといったことが起こりえます。

 

仮想通貨の取引を始めたばかりの人や、仮想通貨の所有枚数が少ない人、仮想通貨の取引経験はあるけれど回転には慣れていない人などは、こうしたリスクをできるだけ減らすため、回転を行う際は少量の枚数か低額の予算から様子見を兼ねてスタートすることが多いでしょう。

 

また回転を繰り返すには、仮想通貨市場の値動きをこまかくチェックし、買いと売りを繰り返すという地道な作業が求められると言うことも頭に入れておく必要があります。

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

 

投稿者

Liquid編集部(基礎)