価値記録とは

カテゴリ glossary

価値記録とは、価値をもつ電磁的な記録のことで、ビットコインなど、仮想通貨全体を指す言葉として使われます。

価値記録は物や通貨、電子マネーも該当しない新しい分類として定義され、出資法・資金決済法・犯罪収益移転防止法は適用されません。

 

現在は「仮想通貨」や「暗号通貨」といった言葉が普及したため、価値記録と呼ばれる機会は減っています。

 

価値記録は、迅速に情報を送り、物やサービスと交換できる長所から新たなイノベーションとしての成長が期待されてきました。

一方、テロ防止やマネーロンダリングの観点から法整備を整える必要もあったため、2017年4月に改正資金決済法が施行されました。

 

改正資金決済法では仮想通貨に関する詳細な取扱いが決められました。

今までは価値記録として法的な定義があいまいな仮想通貨でしたが、改正資金決済法によって、正式に通貨として認められました。

投稿者

Liquid編集部(基礎)