仮想通貨とは

カテゴリ glossary

仮想通貨とは、法定通貨のように中央銀行などの発行元や管理者を持たない通貨のことです。主にインターネットを介してやりとりされ、世界中の不特定多数の人と物品やサービスを取引する際の対価として使われています。

2018年1月現在、世界中で使われている仮想通貨の種類は1500種類以上にのぼると言われています。

 

仮想通貨を利用するメリットはさまざまです。

インターネット上で提供されているサービスや商品を購入できるだけでなく、仮想通貨を導入している店舗であればリアルシーンでも支払いに利用することができます。たとえば海外旅行先で入ったレストランがビットコインを導入していれば、スマートフォンをかざすだけで決済する、ということも可能です。

 

また、送金手数料が高く手続きが面倒な海外送金においても、仮想通貨を利用すると便利です。法定通貨で送金する場合、送金先である日本国内の銀行から受取先である現地の銀行までの間に仲介銀行が入っていて、人件費などのコストが上乗せされるため送金手数料が高くなります。また認証手続きなどに時間がかかることで送金が完了するまで何日もかかります。

 

仮想通貨ですと、受取先の仮想通貨のウォレットに直接入金することができるため、迅速です。送金する際に不正がないかのチェックは入りますが、受取先への入金は即日処理されます。また仲介手数料をとられることがないため、数百円の送金手数料で送金することができるのです。

 

仮想通貨は取引所に登録し、本人確認が完了すれば誰でも購入することができます。また取引所それぞれに最低取引単位が決まっていますがいずれも少額です。初めて購入する場合は数千円入金すれば取引として成立します。

 

投稿者

Liquid編集部(基礎)