ウェブウォレットとは

カテゴリ glossary

ウェブウォレットとは、仮想通貨を保管し、取引する際に使用するものとしてウェブ上に存在する口座のひとつです。

 

一般的に普及している銀行口座では口座番号が割り当てられていますが、ウォレットの場合はアドレスがその役割を担っています。

ウォレットは、パソコンやスマートフォンを使って簡単に作成できます。

ウェブウォレットの場合は、ウェブウォレットサービスのサイトにアクセスし、アカウントを作成してウォレット名やパスワードを設定すれば完成です。

 

また、ウォレットには鍵をかけることができます。秘密鍵と言われるもので、銀行口座でいうところの暗証番号と同じ役割を果たします。

 

入金する時は、該当するウォレットのアドレスに他のウェブウォレットから仮想通貨を送金します。すると、そのウォレットの残高が増えていきます。

出金する時は、秘密鍵を使ってロックを外し、送金したい先のウォレットのアドレスに仮想通貨を送金します。

 

ウォレットはオンラインであってもオフラインであっても作成可能ですが、このうちオンライン上に存在するものがウェブウォレットです。

オンラインの状態でIDとパスワードを入力してログインすると、残高照会や送金などを行うことができます。

 

ウェブウォレットは、インターネットにつながっている端末であれば、パソコンやスマートフォン、タブレットなどさまざまな端末から使えます。

オフラインのウェブウォレットが専用のソフトウェアをダウンロードした端末でしか操作できないのに比べて、ウェブウォレットは操作する端末を選びません。

迅速な取引を行うことが多い仮想通貨の保管方法としては便利です。

 

また、ウェブウォレットの秘密鍵はウォレットサービス業者が管理するため、管理するのはIDとパスワードだけという点も操作の手軽さにつながっています。

 

ただしオンライン状態で操作するため、オフラインタイプのウォレットと比べるとハッキングの被害に遭う可能性が高いというリスクが常にあります。

たとえばウォレットサービス業者がハッキングに遭うと秘密鍵のデータも漏洩する危険性があります。

 

こうしたリスクを考えると、少額の仮想通貨を保管する場合など、比較的アクティブに取引で動かす場合には便利ですが、多額の仮想通貨を長期間保管するにはやや不向きであると言えます。

多額の仮想通貨を保管するのであれば、オフラインタイプのウォレットを使うなど、上手に使い分ける必要があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)