0承認とは

カテゴリ glossary

0承認(ゼロ承認)とは、取引(トランザクション)の情報がまだブロックチェーン上のどのブロックにも属していない状況のことです。
 
通常、ビットコインの取引ではトランザクションがブロックチェーン上のブロックに記載され、承認されることで取引が完了しますが、ブロックチェーン上に記載されていなくても取引を成立させることは可能です。
承認を得ることなく取引を完了させることを0承認トランザクションといいます。
 
ビットコインなどブロックチェーンを活用した仮想通貨の取引は、トランザクションの記録されたブロックが生成されてチェーンが繋がるまでに少なくとも10分以上はかかってしまうという時間によるデメリットがあります。
1回の取引に10分以上かかってしまうこの仕組みは店舗支払いなど決済にスピードを求められる場面では利便性が非常に低いため、一部のビットコイン決済システムでは0承認でも支払い完了とみなして処理するなどの工夫がされています。
 
決裁がスムーズになるというメリットがある一方で、0承認でのトランザクションには「二重支払い(ダブルスペンド)」というデメリットも存在します。
 
例えば、同じ仮想通貨をAに送金した直後、Aに送金した取引よりも高い手数料でBに送金したとします。
マイニングを行うマイナーはより手数料が高い取引を優先的に扱うため、Bへの送金の取引が先に承認されてしまいます。
同じビットコインを送ろうとしていたAへの送金が逆にビットコインの使い回しであると扱われてしまい、Aへの取引は承認されないままとなります。
これが二重払いです。
 
0承認トランザクションは、トランザクションがまだ承認されていない状態でアプリケーションの操作ミスで取引を完了してしまった場合などに発生しうる事象です。
また、ビットコインの取引手数料が高騰した結果、承認を得られていないトランザクションが急増してネットワーク上に16万件以上の未承認の取引が発生してしまった事などもあり、「大量の取引をどう処理するか」という議論が起こっています。
そのうち、一つの手段がブロックサイズの引き上げでしたが、昨今ではブロックチェーンの外側で取引をするユーザー同士がいったん取引を完了してその合意を記録する手法が注目されています。
この、「取引をユーザー同士でいったん合意し完了してしまう」システムはオフチェーンやライトニングネットワークなどと呼ばれています。
 
0承認の問題点は「取引が誰からも承認されておらず、宙に浮いてしまう」という点にあるため、「この取引はユーザー間で合意が成立しています」という記録があれば、後から承認された場合でも問題ないという解釈になっています。

投稿者

Liquid編集部(基礎)