AIとブロックチェーンの融合がもたらす未来

カテゴリ Insights

現代のAI(人工知能)とブロックチェーンは最も革新的なテクノロジーの一つとして世界のデジタル情報分野を形成しています。そして、これらを融合させることはあらゆる分野・領域の可能性を広げることを意味しています。

 

実際のところ、業界を牽引するAI関連企業の間でいくつものコンセプトや研究領域の興隆が見られ、また、AIとブロックチェーンの融合についてもますます重要性が増しています。

 

今回は、AIとブロックチェーンがどのように互いを補完しあう関係にあり、また、それらの融合がどのような社会的インパクトをもたらすかについて見ていきます。

 

 

AIとブロックチェーンの境界線

AIは人間のように、行動・決断・処理において理性的に動作することを目的としています。一方、ブロックチェーンは行動・決断・処理においてセキュリティ、透明性、分散化をもたらすことを目的としています。

 

これらの事実から、AIとブロックチェーンがお互いにどのように補完し合う関係にあるかがわかると思います。陰と陽のように、お互いの良いところ、足りないところのバランスを補いあうことができるのです。

 

これは二つのテクノロジーが融合する基本的な前提条件です。AIの処理効率と構造を持ち、データの暗号化が施された分散型の改ざん防止システムを構築したいのであれば、その時、私たちはおそらく本格的に第四次産業へ突入することになるでしょう。

 

 

融合の可能性

では、AIとブロックチェーンの融合は我々にどのような利益をもたらすのでしょうか?

 

AIにとって、ブロックチェーンを基本システムとして持つことは、多くの利点があると言えます。

 

開発段階がより識別できるようになる

例えば、ニューラルネットワークの開発と評価を可視化する過程で、深層学習システムがある値に達してしまうと、一般的に人間には識別不可能になります。

 

しかし、ブロックチェーンに記録された一つ一つのプロセスがネットワーク内の全てのノードに報告されると、私たちはあるフレームワークの中で、AIがどのように動作するかを段階ごとに見ることができる貴重な機会を手にすることができます。

 

AIによる学習が高価ではなくなる

今日見受けられる大規模なAIプロジェクトにとって、中央集権性は大きな問題の一つになっています。具体的に言うと、大量のデータを処理するのに必要となる莫大な費用を調達できる大手テクノロジー企業のみが、今日最も強力とされるAIを保有することができるということです。

 

しかし、ブロックチェーン上でAIのアルゴリズムを開発することにより、ハードウェア自体の分散化を通した非中央集権的なAIの開発を行えるだけでなく、ブロックチェーンネットワークの基本的な性質上より安価になり、より多くのユーザーが利用することができるようになります。

 

悪意のある改変は制限される

ブロックチェーンネットワークにおいては、あるデータを改ざんすることが技術的に可能だとしても、そのような試みは、すべてのノードによってすぐに発見されてしまうことになります。したがって、そのような事態を効率的に防ぐことが可能であると言えます。深層学習に使われる初期データは、特に標的型攻撃に対して脆弱であるため、ブロックチェーンとAIを融合させたシステムによって早期発見できることは優れたセキュリティ機能であると言えます。加えて、ブロックチェーンによるデータの暗号化は解読することは困難です。

 

直接的なパフォーマンス向上

ブロックチェーンの基本的な構造は、分散システムに基づいており、それが処理スピードに限界を与えています。これは、ブロックチェーンを稼働させ、ある処理を行うために、全てのノードの承認を得る必要があるからです。

 

しかし、ここにAIを融合させることにより、ブロックチェーンを通して情報を拡散させる方法にAIを活用できるので、データを最適化することが可能になります。これは仮想通貨/暗号資産にとって、より速く取引の承認が行えることを意味します。そして、データベースに関連する作業においては、通信速度の遅延を削減することに繋がります。全てにおいてセキュリティに妥協することなく行うことができるのです。

 

スマートコントラクトをよりスマートに

スマートコントラクトは、ブロックチェーンを介して分散化された承認プロトコルです。スマートコントラクトに関する批判として、トークン価値を崩壊させるエラーを発生させることができるといった脆弱性が指摘されるケースがあります。

 

バグが最終的に修正されたように見えても、似たようなエラーが近い将来に起こることが考えられます。ここにAIとブロックチェーンを利用することで、ある傾向を学習させ、このようなループホールと脆弱性を早期に発見することができます。

 

エネルギー消費を最小化する

ビットコインマイニングに挑戦したことのある方は、ブロックチェーンシステムがどれほどのエネルギーを必要とするかについてご存知かと思います。AIも同様の問題を抱えている一方で、AIを活用してブロックチェーンシステムを効率的に稼働させるためにエネルギーの管理方法について学び、改善していくようにプログラムすることができます。ブロックチェーンのネットワークを構築するハードウェアをどこに集積して運用することが、エネルギーの節約になるのかを知ることができれば、コストを抑えることできるようになるでしょう。

 

 

目の前に広がる道

Statistaによる最新の統計によると、2019年の第一四半期時点でブロックチェーンウォレットの所有者は世界中に3,500万人いることがわかっています。ウォレットユーザーの増加率を昨年と比較すると、はるかに大きな成長を遂げている一方で、アメリカで仮想通貨/暗号資産を利用している人はまだ約8%の程度の水準にあります。これは、伝統的な法定通貨を利用した何十億ドルといったデジタルな取引を定期に行なっている人の数と比較した水準になります。

 

おそらく、AIはブロックチェーンの可能性を解き放ち、仮想通貨/暗号資産や他のデータを不変かつ分散化されたデータベースとして管理する仕組みをより身近なものにしていくでしょう。ブロックチェーンとAIの融合には大きな可能性が秘められ、それが意味するものは来るべきデータ革命です。

 

AIとブロックチェーン、それぞれが大きな可能性を秘めており、今後も我々の想像を超えるスピードで大きな進歩を遂げていくでしょう。

 

これら2つのテクノロジーが真の意味で融合され始めた時、我々の生活は大きく変貌を遂げていることでしょう。

 

 

仮想通貨/暗号資産、ブロックチェーンについて知る 

 

 

【Liquidでは仮想通貨取引のための口座を無料で開設することができます】

 口座開設はこちらから

 

btn-app-storebtn-google-play

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

 

また、仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)