ナンピン買いとは?そのタイミングはいつ?

カテゴリ Insights

ナンピン買いとは、仮想通貨の価格が下落している局面で、保有通貨の枚数を買い増していく投資戦略です。

 

これを行うと、一単位あたりの平均購入単価を下げることができます。

 

したがって、価格が上昇に向かうと、利益が発生していた水準まで価格が上昇する必要は無くなります。

 

しかし、あなたがナンピン買いをしている状況で、もし価格がさらなる下落へ向かうのであれば、トータルの損失はさらに膨らんでしまうことを考慮しなければいけません。

 

 

ナンピン買いの方法

まず、ナンピン買いは仮想通貨をいくらか購入した状態からスタートします。

 

例えば、1 BTCを7000ドルで買っていたとします。その場合、平均購入単価は7000ドル/BTCになります。

 

そのビットコインを保有している間に、ビットコインの価格が下落したタイミングでナンピン買いを行うことができます。

 

簡単に言うと、あなたがすべきことはより低い価格で仮想通貨を買い増すだけです。

 

しかし、ここでの注意点は、一度に買い増すのではなく、ドルコスト平均法のように何回かに分けてナンピン買いを行うのが良いでしょう。

 

今、ビットコインの価格が6500ドルに下落したとします。当然、あなたの保有するビットコインの価値は7000ドルで購入した時よりも下がります。

 

この価格で、1BTCを買い増した場合、あなたの平均購入単価は6750ドル/BTCに減少します。

 

平均購入単価が下がったことで、最初に購入した水準(7000ドル)までビットコインの価格が回復する前に、利益を出すことができるようになりました。

 

その後、ビットコインの価格が6900ドルまで回復したのであれば、その時点で利益を上げることができます。

 

 

ナンピン買いをすべきでない理由

ナンピン買いは仮想通貨への投資総額を増加させます。そして、より低い価格で買うことができれば、平均購入単価を下げることができます。

 

しかしながら、必ずしもナンピン買いは価格が回復して利益をもたらすことを保証しているわけではありません。もし価格がさらに下落するのであれば、さらに大きな損失を計上することになります。

 

したがって、ナンピン買いにはさらなる損失をまねく可能性が含まれていることを考慮する必要があります。ナンピン買いを行いつつ、できる限りリスクを減らすためにもドルコスト平均法に見られる投資戦略を同時に行うことも頭に入れておいてください。そうすれば、価格変動リスクによる損失を抑えることができます。

 

 

まとめ

ナンピン買いは、平均購入単価を下げるために利用される投資戦略です。ひとたび保有資産が上昇に向かえば、いち早く利益を出すことができます。

 

一方で、この戦略を採用する投資家の方は、よりリスクの高い状況にも置かれることを頭に入れておく必要があります。ナンピン買いを行なった後、さらなる価格の下落に直面した場合はさらなる損失を被ることになるからです。

 

 

仮想通貨/暗号資産、ブロックチェーンについて知る 

 

 

【Liquidでは仮想通貨取引のための口座を無料で開設することができます】

 口座開設はこちらから

 

btn-app-storebtn-google-play

 

 

 

QUOINE株式会社

仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00002号

加入協会: 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会/ 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会/一般社団法人Fintech協会

お問い合わせ: support_jp@quoine.com

 

【免責事項・注意事項】
本ウェブサイト上にて掲載される情報のうち、仮想通貨にかかる相場展望は執筆者の個人的見解であり、QUOINE株式会社の公式見解を示すものではありません。また、本ウェブサイトへの執筆者の記事掲載は、情報提供を目的としたものであり、ビットコインといった仮想通貨を始めとするいかなる商品についても、その売買等の取引の勧誘・推奨を目的としたものではありません。本相場展望は信頼できると思われる各種データを基に作成されていますが、その正確性、完全性、有用性、信頼性等いかなる保証も行いません。本ウェブサイト上にて提供される情報に基づいて、取引等の行為をなされる際には、自身の責任と判断の下で行ってください。当該行為の結果、損害を被ったとしても、QUOINE株式会社及び執筆者は、一切その責任を負いません。

 

また、仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

  • 仮想通貨は「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は価格が急落したり、ネットワークに問題が発生して突然無価値になってしまうなど、損失を被る可能性があります。また、価格変動の他に流動性・システム等の様々なリスクが存在します。各種規約・取引ルール等の内容をよくご理解いただき、ご自身の責任と判断で取引を行ってください。加えて、レバレッジ取引の場合は、必要証拠金の計算方法、証拠金率等レバレッジ取引の仕組みや、預託した証拠金を上回る損失が発生する可能性等特有のリスク等をよくご理解した上で取引を行ってください。
  • 各取引の種類等に応じて所定の手数料をご負担いただく場合があります。

投稿者

Liquid編集部(基礎)