韓国が路線変更!仮想通貨を正常化へ

カテゴリ knowledge

仮想通貨規制の方向だった韓国が、仮想通貨正常化へ

2018年2月20日、これまで仮想通貨規制の方向に動いていた韓国が、180度方向転換し、仮想通貨の発展を支援することを表明しました。

金融監督院のチェ・フンシク院長が「今後は規制を強化するのではなく、世界に従って正常化していく」と語っています。

韓国の仮想通貨業界団体では、当局が仮想通貨取引に対する厳しい姿勢を一転させたことを歓迎しています。

韓国は日本、アメリカに次ぐ世界で第3位の仮想通貨の取引市場であるといわれています。

2018年2月1日、ソウルの名門大学を休学していた大学生が、故郷に戻って自殺をしたとされる事件が報道されました。

大学生は仮想通貨の投資により、約2,000万円まで資産を増やすことに成功していましたが、昨年末の相場の暴落を受け、資産の大部分を失っていたことが明らかとなり、それを苦にして自殺したのではないかと見られています。

 

こうした問題や、仮想通貨がマネーロンダリングなどの犯罪に利用されることを防ぐため、韓国の金融規制当局は、無記名預金口座は仮想通貨の取引に使用できないようにするなど、仮想通貨の規制を強化しました。

 

しかし、それから1ヶ月もしないうちに、金融監督院から前述した方向転換の意が示されました。

 

これは、仮想通貨の保有者には20~30代の若者が多く、ムン・ジェイン政権の主要な支持層となっていることが理由とされています。

政府が「仮想通貨取引禁止特別法」を準備していると明らかにしたことで、これに反発した市民が大統領府のサイトに反対の意思を示す請願を送付したことが、騒ぎの発端となったと考えられています。

 

今後の韓国の仮想通貨市場はどうなる?

2018年に入り、韓国仮想通貨市場はビットコインの価格が下落するなど、大きく荒れています。

これは、仮想通貨規制や、仮想通貨取引所閉鎖の発表など、不安定で不確実な韓国仮想通貨市場への不安からくるものです。

それが一転したとあって、2月20日のビットコインの価格は3週間ぶりの高値となりました。

 

韓国の仮想通貨が完全に規制されることになっていれば、多くの資金が仮想通貨市場から消えることになり、世界的に考えても今後の成長に大きな影響がおよぶことになっていたといえます。

韓国のビットコイン認知率は、世界的に見ても非常に高く、多くの人々が仮想通貨の運用をしている状況です。

また、中国政府の仮想通貨規制が相次いでいるため、韓国はその避難先となっていると考えられます。

韓国最大手のメッセンジャーアプリのカカオ社も韓国仮想通貨市場に参入しました。

 

韓国政府は、ブロックチェーン技術の発展を支援していくと発表しており、規制の騒ぎはあったものの、今後も韓国の仮想通貨市場の拡大が予想されます。

投稿者

Liquid編集部