銀行に仮想通貨の金庫ができる?VersaBankが、デジタル保管庫開発へ

カテゴリ knowledge

カナダのVersaBankが、デジタル保管庫の作成を開始

カナダの銀行「VersaBank Inc.(以下:VersaBank)」が、デジタル保管庫である「Versavault」の作成を開始したと発表しました。

 

デジタル保管庫とは、デジタルデータを保管・保護しておくための金庫で、トロントのGoldmoneyや、香港のXapoでも似たようなシステムを作っています。

VersaBank では、6月までにデジタル保管庫の利用を可能にすると発表しています。

 

デジタル金庫開発のために、VersaBankでは「Blackberry Ltd.」からサイバーセキュリティー専門家であるGurpreet Sahota氏を雇用。

Blackberryは、セキュリティーに関わる大手企業で、暗号や携帯電話などを取り扱っています。

VersaBank ではGurpreet Sahota氏を雇用することで、デジタル金庫のデザイン監督業務を進める予定です。

 

デジタル保管庫によって仮想通貨はどう変わる?

VersaBankは、カナダで有数のオンライン銀行として知られています。

市場規模は1億ドル以上で従業員も多く、多大な業績を上げていることで注目されています。

 

VersaBankの創設者であり、現CEOであるDavid Taylor氏は、デジタル保管庫の必要性について「仮想通貨や約定などは、宝石や不動産と同じように価値のあるもので一種のデジタル形式になっているのに、保護は容易ではない。これらを強いセキュリティーとプライバシーで守っていく」と述べています。

 

「Versavault」のシステムはブロックチェーンをベースにしたもので、暗号化されており、セキュリティーはかなり厳重なものとされています。

また、世界有数のオンライン銀行が作るデジタル金庫とあって信頼性が高く、資産家たちがすでに興味を示しているようです。

 

現時点で価格は未定ですが、高い信頼性と強固なセキュリティーに見合ったサービスになると考えられています。

しかし、仮想通貨の安全性が叫ばれている現在において、こうした仮想通貨の安全を守るための設備は、今後仮想通貨が広がっていくための追い風にもなるでしょう。

信頼できる金融機関が提供する「より安全なデジタル資産保管サービス」に注目していきたいところです。

投稿者

Liquid編集部