ビットコインの始め方。初心者でもスグはじめられるように簡単にまとめました。

カテゴリ knowledge

ニュースで取り上げられたり、有名人を起用したテレビCMなどでも話題になったりしている仮想通貨。その中でも、最も大きな規模で展開しているビットコインについて興味を持つ人も増えています。しかし、「仮想通貨ってなに?」「ビットコインってどうやって買えばいい?」と始め方や使い方に疑問を感じる人もいるでしょう。これからビットコインを手に入れようと思っている人のために、基本情報から購入方法までわかりやすく説明していきます。

1. ビットコインの始め方

1.1そもそもビットコインとは?

ビットコインは仮想通貨と呼ばれるものの一種です。仮想通貨とは、インターネット上でやりとりされるデジタルのお金の総称です。これだけを聞くと、国内で普及している電子マネーを思い浮かべるかもしれませんが性質は異なるものです。

電子マネーにはデータの正しさを保証する運営組織があります。

一方でビットコインには開発に携わる人間はいても、すべてを管理する組織はありません。その代わりに、ブロックチェーンと呼ばれる新技術を用いることで不正データを排除しています。そのため、勝手にビットコインを増やしたり、他人から盗んだりすることができないのです。

ビットコインなどの仮想通貨はデータ上にあるものなので、海外などの送金に手続きが必要な場所に住む人にも、あっという間に送信することができるのが特徴です。

金銭の管理や送受信が利便性の高いものに変化する可能性があるからこそ、ビットコインを含めた仮想通貨への期待が広がっているのです。

ただ、初心者にとっては仮想通貨の始め方や使い方がいまひとつピンとこないもの。

次の段落では、どうすればビットコインを始められるかについてご紹介します。

2. ビットコインを始めよう

 

将来への大きな可能性を秘めているビットコインですが、初めて購入したり保有したりするとなると知っておかなければいけないこともたくさんあります。一般的な通貨や銀行預金などとは大きく異なるシステムを持つのが仮想通貨です。何も知らないまま飛び込むのはリスクもあるので、初めて仮想通貨に触れる場合には注意が必要だといえるでしょう。

2.1 始める前に気を付けておかないといけないこと

ビットコインの始め方や使い方を勉強する上で押さえておかなければならないことは「リスク」に対する意識です。

これはビットコインに限らず、仮想通貨全般に言えることですが、仮想通貨は投資や投機としての色合いが強いものになっています。

初めて仮想通貨を保有する場合には、それが投資であることを理解しておきましょう。

日本国内でもビットコインによって決済のできる店舗が増え始めているものの、セキュリティ面でまだ不安が残る状態でもあります。

個人間のやりとりを除けば仮想通貨の「通貨」としての機能はまだまだこれからといった段階です。また、ビットコインの価値は2018年1月現在において乱高下を繰り返しているため、価値が不安定な状態にあります。取引価格が乱高下を繰り返しており、FXや株式と比べて収益が出る可能性は高いものの、損をする確率も低くありません。きちんと実用化されているものではないため、今後の可能性として無価値となってしまうこともきちんと理解しておくことが大切です。

2.2 まずは取引所に登録し開設しよう

ビットコインを手に入れる方法はいくつかありますが、初心者は国内の取引所で購入するのが良いでしょう。

他の方法の場合は設備投資や知識が必要になったり、英語でのやりとりが必要になったりするため、多くの手間がかかってしまいます。

QUOINEXでは、必要な資金と身分証明書、スマホやパソコンなどのインターネットに接続できる環境さえあれば、自分の口座を持ち、取引を行うことができます。

2.3 ビットコインを購入しよう

ビットコインを購入する場合、まずは取引所に元手となる資金を振り込む必要があります。ビットコインは日々相場が変動しているので、普段の買い物のように決まった金額で購入することはできません。

ですから、取引所に購入用の資金を預けて、購入したい価格になったときに日本円とビットコインを交換します。これは一般的な株式の購入やFXの取引と変わりません。

また、ビットコインを取引所で売却する場合は売りたい価格になったときに、ビットコインを日本円に交換します。ただし、価格の変動は市場によって決まるため、必ずしも自分の買いたい価格や売りたい価格になるとは限りません。

2.4 ビットコインを保管・利用してみよう

ビットコインは、国内の実店舗での決済に利用することもできます。この場合に必要となるのが「ウォレット」と呼ばれるものです。

これは自分の仮想通貨を入れておくお財布のことです。もちろん仮想通貨はデータですから、普段使用している財布の中に入れることはできません。自分のスマートフォンの中にウォレットを管理するアプリケーションを入れて利用します。

ビットコイン用のウォレットをダウンロードしたら、取引所からウォレットにビットコインを送信する必要があります。

ビットコインを利用する場合には、ビットコインが利用可能な店舗に出向き、商品やサービスの購入時に「ビットコインを使いたい」と申し出れば決済の手続きをしてくれます。

他の利用方法としては、ウォレットを持っている相手に自分のビットコインを送信するというものがあります。ウォレットにはそれぞれアドレスというものがあるので、それを相手から教えてもらいましょう。相手のアドレスを入力し、送りたいビットコインの量を設定すれば送信可能です。銀行からの送金に比べて安い手数料と短い時間で送ることができるのが特徴です。

3. ビットコインの仕組みを簡単に解説

 

購入方法がわかっても、それだけでビットコインの全容が理解できるわけではありません。ビットコインは複雑かつ高度な技術で成り立っているため、完全に理解することは難しいですが、原理自体はそこまで難しくありません。

この段落では、ビットコインの仕組みについて解説します。

3.1 ビットコインの管理方法は?

ビットコインなどの仮想通貨は法定通貨とは異なり、それを管理する団体や組織はありません。

ビットコインとは簡単に言えば「不特定多数の人々がお互いに監視し合うことで、信頼性を保証する通貨」です。

1台のコンピュータに不正な情報が入ったとしても、他の多数のコンピュータによって不正を見抜かれてすぐに排除されるようになっています。

この不特定多数のユーザーが相互に監視し合いセキュリティを担保するシステムの根幹にある技術が「ブロックチェーン」と呼ばれています。

3.2 ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとはビットコインを含む、仮想通貨全体を支える基幹技術の名称です。

ビットコインを例にするなら、「これまでのすべての取引が記録されている電子台帳」を指します。

これはビットコイン自体に付属するものであり、「このビットコインがどこで生まれ、どのような人の手を通って現在に至るのか」をすべて記録しています。

このデータの改ざん自体は不可能ではありませんが、1分後には数え切れないほどの新しい取引が行われてデータが更新されていくため、不正データはその処理に追いつくことができず排除されます。このブロックチェーン技術によって仮想通貨はセキュリティ面の安全性を担保しています。

3.3 マイニングとは?

ビットコインなど仮想通貨に関わると、よく耳にするのが「マイニング」という言葉です。英語で「採掘」を意味する言葉ですが、ビットコインにブロックチェーンに記載される情報が正しいことを証明する作業を指しています。有志のユーザーがブロックチェーンの情報が正しいと承認する仕組みによって、それぞれの取引が成立しています。

マイニングを行うことで報酬が得られるため、マイニングそのものを事業としている組織もあります。

マイニングに成功した人には新規発行されたビットコインが報酬として割り当てられます。

マイニング以外の方法で新しいビットコインが生まれることはありません。

そのためにまるでビットコインという鉱物を採掘しているように見えることから、この作業をマイニングと呼んでいます。

4. ビットコインの安全性を理解しよう

仮想通貨は「データとして存在する通貨」ですので、どこかで不正な改ざんやハッキングなどが行われることを心配するのも無理はありません。しかし、ビットコインはブロックチェーンによって、データを改ざんすることはできない仕組みになっています。

仮に1つのデータが改ざんされたとしても、他のコンピュータに残っている正しいデータと照合され、より多くのデータで一致するものが正しいと判定されるため、改ざんが行われたことがすぐにわかってしまうからです。

ビットコインを不正に改ざんしようとした場合、世界にあるビットコインの半数以上のデータを同時に変更する必要があります。このような大規模なデータの書き換えは不可能だと言われているため、ビットコインの安全性が損なわれる可能性は低いと考えられています。このような状況から多くの人がビットコインという通貨を信頼し、需要が高まってきているのです。

5. ビットコインのメリット・デメリット

 

ビットコインの一番のメリットは、国境を超えたやりとりが簡単だという点です。

日本国内では銀行システムがしっかりと構築されているので実感しにくいかもしれませんが、海外への送金は数日かかるのが当たり前であるため、海外送金が容易な仮想通貨は注目を集めつつあります。その反面、今後ビットコインが規制を受ける可能性は否定できません。国内においては前向きな意見も少なくありませんが、海外でビットコインを法的に規制したり、取引所そのものを全面的に閉鎖したりする国や地域もあります。

将来的にビットコインがどのように扱われるかによって、その価値も大きく変動するため、注意深く見守っていく必要があります。ビットコインの始め方や使い方をよく踏まえた上で、チャンスを狙っていく姿勢が大切です。

6.【まとめ】最初は少ない金額から初めましょう

ビットコインの将来性は高いものがありますが、どれほど広がっていくのかはまだまだ未知数です。その正確な価値も定まっていない状態だといえます。ビットコインを購入することは、投資・投機という側面が強くなります。ビットコインが今後素晴らしい資産となるか、価値が失われてしまうかは誰にもわからないので、まずは少額を購入することをおすすめします。

投稿者

Liquid編集部