ビットコインの「ミキシング」とは?プライバシー保護の技術

カテゴリ knowledge

ビットコインの「ミキシング」とは、いくつかの送金データを混ぜ合わせることによって、利用者のプライバシーや匿名性を守る手法やサービスのことです。ミキシングすることにより、どこからどこにビットコインが送られたのかを追跡できないようにします。

この記事では、ビットコインのミキシングが行われる意図やメリットを説明したあと、ミキシングの歴史についても解説していきます。

1 ミキシングとは?

ビットコインの「ミキシング」とは、匿名性を高める技術のことです。ミキシングは、仮想通貨の取引データを複数混ぜ合わせてシャッフルすることで、送金元である保有者を特定できなくしたり、資金の流れをたどれないようしたりする仕組みになっています。

「仮想通貨の匿名性を高める」というと、マネーロンダリングの温床になるのではないかというマイナスイメージがあるかもしれませんが、ミキシングはそのような目的から生まれたものではありません。

ビットコインの取引データは、ブロックチェーン上ですべて記録されるため、ミキシングを行わないままだと、取引履歴を追跡されたり、個人情報とビットコインアドレスが結びついたりする可能性があります。特に、特定の秘密鍵を長期間使用したり、使い回したりすることで、特定されるリスクが高まります。

個人を特定されてしまうと、ビットコインを使っていつどこのレストランで支払いをして、いつ現金化したか、というようなことが他者に漏れてしまう可能性があります。また、ビットコインを大量に保有している個人が特定された場合、犯罪のターゲットにされてしまう可能性もあります。

ミキシングによりビットコインの匿名性を上げることで、利用者のプライバシーや個人情報を守り、安全に使える環境を整えることができます。 

2 ビットコインの安全性はいかに保証されているの

ミキシングの詳しい説明をする前に、ビットコインの安全性がどのように保証されているのか、説明していきます。

ビットコインはご存じのとおり、実際の通貨にも換金できる価値を持ちながら、データ上のみに存在する通貨です。中央銀行のような管理団体もないため、安全性に不安を持っている人もいるかもしれません。

しかし、ビットコインの安全性は、ネットワークを作っているユーザー全員が取引内容を確認できるという透明性により保たれています。すべての取引は台帳に書き込まれ、第三者のチェックが行われるため、不正が起きないようになっています。例えば、ビットコインの送金があったとき、どこからどこへ、どのくらいの量のビットコインが送られたかが常に明らかになっている状態です。

この仕組みにより、ビットコインの安全性や透明性が保証されています。しかし、この透明性の高さは、個人を特定されるリスクも孕んでいます。そのリスクを回避するために使われるのが、ミキシングです。

3 取引情報のプライバシー保護が目的

ミキシングの主な目的は、匿名性が低く個人特定のリスクがあるビットコイン取引において、匿名性を上げてプライバシーを保護することです。

大量のビットコインを保有していることが他人にわかってしまえば、犯罪のターゲットにされてしまう可能性もあります。また、同じ鍵を使い回している場合、ビットコイン決済をした相手に、どんな買い物をしているかばれてしまう可能性もあります。

ミキシングでは、保有しているビットコインがどこから送られて、いつ手に入れたのかなど、資金の流れの情報を他人から追跡されないようにして、プライバシーを守ります。ミキシングを行わなくても、すぐに個人情報が特定されてしまうことはありません。しかし、大きな取引であれば、政府の専門機関に情報が提供されることもありますし、技術のある第三者ならば追跡することが可能だといわれています。

4 ビットコインミキサーの歴史

ビットコインミキサーの歴史を振り返ると、第一世代「中央集権によるミキシングサービス」、第二世代「P2Pミキサー」、第三世代「匿名アルトコイン」という、3つの世代に分けられるといわれています。

現在は「P2Pミキサー」や「匿名アルトコイン」の技術を使ってミキシングが行われていますが、過去には「中央集権によるミキシングサービス」が使われていたこともありました。

各世代のミキシング方法について、それぞれ解説していきます。

4.1 第一世代 中央集権によるミキシングサービス

これは企業などのいわゆる中央集権を持つ特定の団体が、取引を1ヶ所に集約したあとに再分配する方法です。

しかし、このミキシング方法には大きな問題点があります。それは、中央集権が情報を漏洩するリスクや、財産を持ち逃げするリスクを持っていることです。また、中央集権が適切にミキシングの履歴を削除しなければならないため、中央集権への信頼度が重要なサービスです。

実際、中央集権に預けたビットコインが持ち逃げされた例があります。「マウントゴックス事件」では、中央集権の管理者サイドが利用者から集めたビットコインを私的に使い込む事件が発生しています。

4.2 第二世代 P2Pミキサー

第一世代のリスクを解消するミキシング方法が、第二世代の「P2Pミキサー」です。P2Pミキサーにあたるサービスは現在、「CashShuffle」などがあります。

P2Pミキサーには中央集権は存在せず、ビットコインをミックスしたい参加者たちが集まり、その参加者たち全員でビットコインを「ミキシングサーバー」へと集約し、再分配する仕組みです。

この方法にも弱点があり、同じタイミングで参加できる人たちを集める必要があること、マッチングさせるのに使う場所(ミキシングサーバー)を用意する必要があることなどが挙げられます。

4.3 第三世代 匿名アルトコイン

匿名機能を持つアルトコインを送金時のクッションとして使用することで、ミキシングの効果を得る仕組みです。

ただし、匿名アルトコインは金融庁のホワイトリストに掲載されていない仮想通貨であり、仮想通貨交換業者の業界団体も、今後匿名性の高い仮想通貨を禁止する動きが出ているため、今後の動きに注意が必要です。

ビットコインの匿名性を守るためのミキシング技術ですが、完全な匿名性を備えた技術ができるのは難しいといわれています。

プライバシーの保護も大切ですが、匿名性を高めすぎて取引を追跡できなくなると、今度はマネーロンダリング(資金洗浄)に使われる可能性が出てきてしまいます。匿名性を高めることは、ダークマーケット拡大にもつながる諸刃の剣となると懸念されています。

今でもビットコインの匿名性についてはさまざまな議論が行われており、プライバシーを高めるために新しく「シュノア署名」という技術が役に立つのではないかという議論もあります。

今後もビットコインの匿名性についての新しい動きに、注目していきたいところです。

投稿者

Liquid編集部