ビットコインマイニング(採掘)とは?仕組みや方法から採掘で稼ぐ方法まで徹底解説

カテゴリ knowledge

ビットコインを筆頭に、仮想通貨市場が活況となっています。

テレビや新聞を賑やかすことも増え世間の注目を集めていますが、実際に理解するのは難しい面もあるでしょう。

難しさの1つの要因となっているのが、仮想通貨特有の専門用語にあります。ブロックチェーンやハードフォーク問題、スケーラビリティなど仮想通貨を説明する上で、さまざまな専門用語が使用される場面が少なくありません。

ここでは、マイニング(採掘)と呼ばれる言葉について紹介しながら、その仕組みや実際の取り組み方について詳しく説明します。

1.そもそもビットコインのマイニング(採掘)とは?

マイニングとは、英語で「採掘」という意味です。

仮想通貨におけるマイニングにも同様の意味が含まれています。

鉱石などの採掘と同じようにビットコインをマイニングすることで、採掘を実行した人には新しいビットコインが割り当てられます。

ただ、鉱石の場合とは違って、ビットコインのマイニングはツルハシを持って掘ったりするものではありません。

ビットコインにおけるマイニングとは、ビットコインの信頼性を担保するブロックチェーンに正しい承認を与える手伝いをしたことへの報酬として、通貨の報酬を得るというものなのです。

ここで得られるビットコインは、新規に発行されるものであり、これまで他の誰も所有していなかった通貨となります。

そのため、新しい仮想通貨を「採掘」しているように見えるため、マイニングという用語が使われています。

2.ビットコインをマイニングする方法

マイニングは、ビットコインのブロックチェーンに記録されている取引データの追記や承認を手伝う作業です。

ただ、その作業は人間の力で行えるものではなく、膨大な量のデータを処理するために相応の性能を持ったコンピュータが欠かせません。

そのため、マイニング用のマシンやソフトなどを用意する必要があります。

また、マイニングに関する基本的な知識がなければ、どのようにすれば新しいビットコインが生まれるのか理解することはできません。マイニングの仕組みと必要な準備を知るところから始めていきましょう。

2.1 ビットコインマイニングの仕組み

ビットコインマイニングは、ビットコインの取引情報を記録するブロックチェーンを検証し、追記するための作業を手伝うことで行われます。

ビットコインには、そのビットコイン誕生からの取引データがすべて記録されています。

これに間違いや改ざんがなく、正しい形で取引されているかを検証し、「正しい情報です」と承認を与え続けることで、ビットコインは正当性を担保しています。

ところが、この作業には膨大な処理が必要になるため、有志の人々の力を借りているわけです。

代わりに、計算の処理を手伝ってくれた人に対して、一定のビットコインが割り当てられます。

ただし、計算に参加すれば誰でもビットコインがもらえるわけではありません。

より早く承認を終えた人が報酬を得ることになります。

そのため、利用するマシンの性能が収益に大きく関わります。

性能の良いマシンを用意できればそれだけ多くの報酬を得られますが、初期投資も大きくなってしまうため、現在では個人によるマイニングは現実的でないと言われています。

世界には、マイニング用のマシンを大量に確保して、それを事業として運営している組織もあります。

2.2 ビットコインマイニングを行う流れ

ビットコインマイニングのために必要なものは、その方法によって大きく異なります。

まず自分1人で行うソロマイニングの場合、得た報酬を管理する財布が必要なため、何よりも先にウォレットの取得が大切です。

ビットコインウォレットを作ったら、次はマイニングソフトを手に入れましょう。

これはマイニングにおける計算処理を行うためのプログラムです。マイニングソフトにはさまざまな種類があるため、選択には注意が必要です。

そして一番大切なのが、マイニングに必要な処理を行うコンピュータです。

これは家庭で使用するような通常のパソコンなども利用できますが、マイニング専用のマシンを使うのが一般的となっています。

この3つが用意できたら、マシンでプログラムを動かしてマイニングを開始します。ただし、個人でマイニングを行う場合、ソフトによっては自らプログラムに手を加える必要が生じる場合があることも注意しておきましょう。 

3.ビットコインの採掘は個人でもできるの?

先述のソロマイニングという手法を選択すれば、個人によるマイニング作業は可能です。また、個人が集まって行うプールマイニングという手法もあります。ただし、採掘作業に参加できることと、それで稼げるかどうかは別の話です。そのため、個人でマイニングに参加する場合、クラウドマイニング(マイニングを行っている団体に投資すること)という手法を選ぶ人も多いようです。しかし、こちらにもリスクやデメリットはあるため、まずはそれぞれの手法についてきちんと理解をしておく必要があります。

3.1 ビットコインの採掘報酬は?

マイニングによる報酬額は、利用するマシンの性能に依存します。

より多くの処理を行う高性能なマシンを用意することができれば、マイニングで得られる報酬も多くなります。

ただ、2018年1月現在において、個人でのマイニングで報酬を得るのは簡単なことではありません。マイニングに参加する企業が増えていることもあり、次第に個人の力で報酬を得ることが難しくなっています。

マシン性能や管理環境なども含めて、資本力のある企業が圧倒的に有利だからです。また、採掘によって得られるビットコインの量は半減期と呼ばれる周期ごとに、報酬として割り当てられるビットコインが半分に減っていくため少しずつ減っています。

つまり、マイニングは始めるのが遅くなるほど、収益は少なくなってしまいます。

そのため、ビットコインマイニングで稼ごうと考えているなら、早めに取り組むことが大切です。

クラウドマイニングについては、マイニングにおける報酬額を見積もることができるサイトもあるため、活用してみるのもよいでしょう。

ただし、仮定の計算を行うだけですから、そこで収益が見込めると出ても必ずしも利益が得られるとはかぎりません。

あくまで見込みですから、信頼し過ぎないように注意してください。

3.2 ビットコイン採掘で個人が稼ぐ方法は?

ビットコインマイニングで稼ぐ方法として、自分でマシンを用意する必要がないクラウドマイニングと呼ばれる方法があります。

企業などが用意する性能の高いマシンの処理能力を一部借り受けてマイニングを行う手法です。

クラウドマイニングなら、自分でマシンを用意する必要はなく、手軽にマイニングに参加できます。

クラウドマイニングでは企業が大規模にマイニングを行っているため、個人では実現できない効率でマイニングを行っています。

ただし、運営者が資金を持ち逃げするようなケースもあり、どこにマイニングを委託するのかは慎重に選ぶ必要があります。

どのような手法を選択した場合でも、マイニングによって大量のビットコインを獲得することは難しいでしょう。

ビットコインなどの有名な仮想通貨はすでに大きな組織がマイニングに参加している状況があるため、個人で収益を出すには限界があります。

個人がマイニングで利益を出すことを望む場合、ビットコイン以外のアルトコインを採掘するという選択肢も視野に入れるべきでしょう。

4.ビットコインマイニングにおすすめのソフトは?

個人でマイニングを行う場合、ソフト選びも重要になります。

精通した人間であれば、プログラムを直接改善するなどの方法も選択できますが、初心者や入門者はまず扱いやすさを優先するべきでしょう。

「nicehash」は、手軽にマイニングを始められるソフトです。ダウンロードをして、ビットコインウォレットのアドレスを入力すれば、マイニングを始めることができます。

また、ビットコイン以外の仮想通貨のマイニングに切り替えることもできるため、マイニングそのもので稼ごうと考えているなら検討してみる価値はあるでしょう。

他には「MinerGate」というソフトもあります。MinerGateへ料金を振り込むことでクラウドマイニングに参加し、採掘できるようになるものもあります。 

5.【まとめ】ビットコインマイニングに使うパソコンの電気代に気を付けよう

2018年1月現在、ビットコインマイニングにおける報酬というのは、目を見張るほど大きなものではありません。

むしろマイニングで稼ぐことを考えるなら、他のアルトコインが主流となっています。

ただし、これは現在の価格で考えた場合です。

ビットコインマイニングで稼ぐというのは、手に入れたビットコインが今後大きく値上がりすることを期待するという面が強いといえます。

そもそも、マイニング作業自体が仮想通貨の価値や信頼性を向上させるものです。

だからこそ、多くの人や企業が参加しているのでしょう。

もし自分でマシンをそろえて行うソロマイニングやプールマイニングに挑戦するのなら、電気代や冷却費用には気をつけるようにしましょう。

マシンを常時稼働させるため、電気料金は無視できませんし、マシンの性能を確保するため熱を抑える処置が必要になります。

これらの費用とマイニングによって得られる報酬のバランスを考えないと、収益を出すどころか赤字になってしまう場合もあります。

一方、クラウドマイニングは、お金を支払うだけでマイニングに参加できる点が魅力的です。

メンテナンスなどの環境整備についても、運営元が行ってくれるため気にする必要がありません。

ただし、申込み先によってはウォレットへの払い出しに時間がかかったり、そもそも払い出しができなくなったりするリスクもあります。

クラウドマイニングの運営を行う組織や企業は、海外に拠点を置いている場合も多く、日本の法律では対応できないことも多いでしょう。

加えて、扱うものがビットコインなので、それ自体の価格が下がる可能性があることも忘れてはいけません。

マイニングという方法でも、必ず収益が出るというわけではないので、しっかりと調査や試算をした上で取り組むことをおすすめします。

投稿者

Liquid編集部