<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://q.quora.com/_/ad/27baf1f26c3e4ccba2fbb2377a52976f/pixel?tag=ViewContent&amp;noscript=1">

検索するキーワードを入力

Liquidデジタル資産カストディイベントのご案内

メインイメージ

この度、Unbouデジタル資産カストディに関するイベントを開催することとなりました。

イベントでは世界における暗号資産セキュリティーについて、Unbound Tech CEOのProf. Yehuda Lindell氏を招きお話しいただきます。その他、State Street CorporationよりIrfan Ahmad氏、Merkle ScienceよりThomas Gluckman氏のパネルディスカッションへの参加も決定いたしました。

皆様のご参加をお待ちしています。

 

**********

【日時】2020年2月4日(火) 19:00-21:30 ※18:30より受付開始

【会場】QUOINE東京オフィス(東京都中央区京橋二丁目2番1号 京橋エドグラン19階)地図

【登壇者】

Prof. Yehuda Lindell (Unbound Tech, CEO)、Seth Melamed (Liquidグループ, COO)、Irfan Ahmad (State Street Corporation, Vice President)、Thomas Gluckman ( Merkle Science, Head of Global Business Development) 他 

 

【内容】(予定)

19:00-19:30: 暗号資産セキュリティプラットフォームについて(Prof. Yehuda Lindell, Unbound Tech CEO)

19:30-20:00: Liquidのセキュリティについて(Seth Melamed, Liquidグループ COO)

20:00-20:45: パネルディスカッション

20:45-21:00: 質疑応答 

21:00-21:30: クロージング

※軽食をご用意いたします

※同時通訳あり

※参加無料

********** 

 

参加ご希望の方は、以下よりお申し込みください。

【申し込みフォーム】

 

■注意事項:
応募締切は、2020年1月28日(火)23:59までとなります。
お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。
本フォームのお申し込みだけでは参加確定とはなりません。
2020年1月31日(金)までにお送りするご案内メールの受領をもちまして参加確定となります。(抽選の場合は、当選者の方のみに上記日程までにメールを送付)

 

 

Unbound Tech(アンバウンドテック)について

暗号キーや資格情報、プライベートデータといった秘密情報を保護するためのFIPS 140-2認証に準拠する二段階認証ソフトウェアを提供しています。
ウォレットや取引プラットフォームなどの暗号資産サービスを提供する機関は、Unbound Techの暗号資産サービスプラットフォーム(CASP)を利用することで、ユーザーエクスペリエンスや速度を損なうことなく、暗号資産を真に保護するソリューションを実現することが可能です。

フォーチュン500に名を連ねる企業にも採用されているUnbound Techの柔軟で機敏なプラットフォームは、 インフラストラクチャの秘密情報を保護することで、専用のセキュリティハードウェアに依存せず、デジタル時代のセキュリティとプライバシーへの新しいアプローチを提供します。
これにより、企業はあらゆるクラウド、サーバー、エンドポイントの秘密を新しいレベルで制御できるようになり、デジタルイノベーションの新たな可能性を開きます。
2014年の創立以降、Unbound Techは、数々の業界賞を受賞しており、GartnerのHype Cycle Reportsでも名前が挙げられています。

HP:unboundtech.com

standards and certifications

 

執筆者

Liquid PR

関連記事

なぜブロックチェーン業界で働くのか。QUOINE株式会社のHead of Product Japanにインタビュー
新しい入金方法を追加しました
Liquid セキュリティ・ウォレット部門の顧客保護への取り組み
Liquid by Quoine公式ブログ